決して諦めない:ウォルトディズニーSF映画「Tomorrowland トゥモローランド」 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

tomorrowland raffey cassidy slice 600x200

ブラッド・バード監督作SFアドベンチャー映画『トゥモローランド』の映画にアテナ役で出演しているラフィー・キャシディ(Raffey Cassidy c.)に不思議な魅力を感じた。役にぴったりな15歳の女優である。

この映画では、地球の未来を明るい夢を持って実現させるという諦めない精神にフォーカスしている。

私たちの日常生活を見ても諦めてしますケースが多い。自分が描いた夢を諦めない! そんな人生が送れるという希望を見させてくれる。

決して諦めない!

60歳を越えると歳を意識する。歳を意識すると自分の将来を意識し始める。この世界に存在できる時間が予測できる年齢になっていることを意識する。

何歳になっても自分が描いている「夢」があれば、年齢は関係ない。夢が実現するまで生き続ける事が出来れば嬉しい。楽しい。夢を実現させるためには、その夢を決して諦めないことだ。言うこと、書くことは至って簡単だが、実行は誰にとっても難しい。

シニアにとって一番つらいことは、今まで出来ていたことが出来なくなった体ではないか。歩くことが、自分で立ち上がることが、散歩が出来ないことが、ずっと立っていられないことが、 今まで出来ていた当たり前のことが出来なくなっている自分の体。

筋力の衰えは、60歳から急激に体に表れ始める。

トゥモローランドの映画の中にも歳を意識させる場面がある。アテナは、人間に近づいたアンドロイドとして登場する。アンドロイドは歳を取らない。昔のままの姿形を維持している。アテナは、自分の夢に諦めないでがんばっている人を見つけトゥモローランドの世界を気づかせる。

若さは、気の持ち方で変ると言われる。生きる目的(生きがい)や実現させたい夢がある人であれば、精神が肉体に良い刺激と影響を与え、若さを生み出すエネルギーを体全体に放出する。

私たちの未来は今作られている。自分の未来も今作られている。自分が作っているのだ。

ただ、

誰もどんな未来になるかは分からない。分からないが、自分が望んだ未来を今作ろうとしている。私は、可能性と希望という言葉が好きだ。可能性と希望があり諦めなければ、自分が望む夢は実現すると思っている。

きれい事を言うのではないが、自分に与えられた能力を開花させたい! 出来ないことを出来るようになりたい。やりたいと思った事をやりたい。些細なことだが、例えば、懸垂を正しいフォームで10回出来るようになりたいとか。80歳になっても筋肉の鎧を身につけた体になりたいとか。年齢を感じさせないで生活費を稼ぎ出したいとか。

色々と些細な小さな夢がある。

もう、お金の量は気にしない。食べて生きて困らない程度のお金を稼げれば良いと思っている。お金を使う賞味期限があるからだ。自分で何も出来ない体になったらどんなに沢山のお金や資産があってもそれを自分の楽しみに使えない。それはつまらない。

年寄りだって「夢」があれば、若者と同じ精神構造で生き生きと生活を楽しめる。夢を決して諦めない、60歳を過ぎても、70歳であっても、80歳でも。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト