時間とともに老いてくる:一人で何歳まで普通の生活を維持できるのか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

yawn

あくびは声を出さない「コーヒー!」の叫びだ。

横浜駅近くのスターバックスでウエブサーバーにつなげて仕事をしている。60歳過ぎのシニアがコーヒーを飲みながら何やら仕事をしている。そんなシニアを多く見かける。やっと、会社という組織による時間的制約とストレスから解放された人たち。自分のオアシスを求めてスターバックスにやって来る。

時間が過ぎていく。51歳の時に起業した時は、体力とか、年老いるとか、意識も気にもしていなかった。60歳になって自分の体がかすかに壊れ始めてきている。

60歳から70歳、70歳から80歳までの各10年間

 

60歳から70歳の期間は、体力的にも健康的にも問題なく普通の生活が出来るという感じがする。周りの年配者を見ても70歳までの人たちは、普通の生活が出来ているように見える。

しかし、

年老いてくると体の一部に問題を抱える人が増加する。人それぞれ症状は違うが、腰痛は一般的な症状だろう。膝痛は女性に多い。肉体的な問題、認知症のような病気、緑内障、老眼、白内障、高血圧、痛風、糖尿病など数え上げればきりが無いほど色々な病気や問題が老いてくると出始める。

人間の体は、時間とともに老いてくる。老いてくると今までと同じ動き、活動、行動が出来なくなる。

歳を感じ始めるのは、60歳を過ぎてからではないか。社会も意識も60歳を境にして見方が変る。60歳から70歳の間に本当にやりたい事をやることが一番重要であると私は思っている。また、それをやろうと思えばやれる体力と時間がある。2014年度の国勢調査で男性の平均年齢が80.21歳、女性は、86.61歳である。生きている時間は延びているが、健康寿命ではない。健康寿命は、平均70歳ぐらい。

70歳から80歳の間は、健康でいられるか、いられないかの時期だ。この年齢になると思うような生活を自分でコントロールできるのかどうか怪しくなる。定期的に病院やクリニックに通い始める人が多くなる。足の筋力低下で杖がないと外出が出来なくなる人も増えてくる。痴呆症がで始める人もいるだろう。老いから来る体の不調が日常的になるのかもしれない。

老いる=不自由な生活になる!

若いうちに、不自由な生活を強いられる前に、残された時間を悔いの無いように使う!これが、シニアになっていく人が一番気にすべき事だろう。新しい生きがいを見つけることで生活に充実感を生ませる。目標に向かう努力をすることで達成感を味わう。子供が大人になり自分たち夫婦に時間が生まれる。生まれた時間を夫婦で使う。一緒に行きたかった場所や国に旅行する。

出来る事は明日に延ばさないことだ! 明日は、来ないかもしれないから。その原因が老いから来る。

私たち夫婦は、月1回1泊2日のドライブ旅行をしている。海外は、1年に1回程度で10日間ぐらいだ。会社勤めの時には出来なかった旅行が自分たちの都合で何時でも設定できる。第二の新婚生活だ。親として義務を果たし、残りの人生を子供のように遊びたい(遊びの意味は、好きな事をしたいという意味だ)。