高齢者がこれからやるべき事:体を鍛えて小銭を稼ぐ経験を積む - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

70歳を越えた独り身のシニア女性が仕事を探している。70歳という年齢では、普通の会社で雇用される確率は低い。何か特別な才能や技能が無いと非常に難しい。可能性としては、飲食関連の仕事ぐらいかもしれない。立そば屋で年配の女性が働いているのを見かける。

小銭を稼ぐ経験から仕事を作り出す

人生を振り返って自分の頭でお金を稼いだ事が有る人、無い人では年老いてビジネスを考える時に大分差がある。自分の腕でお金を稼ぐのは、頭と言うよりも好奇心と勇気が必要だ。その時に何度か自分で小銭稼ぎをした経験があるとそれが踏み台になる。踏み台があるとジャンプが出来る。

70歳の老いたシニア男性よりも女性の方が、地域に根ざした人脈がある。その人脈を活用できれば、小遣い稼ぎの体験ぐらい出来るのでは無いだろうか。時間があるならば、まず、チラシのポスティングアルバイトから始めてはどうだろうか。時給は良くないが、小遣い稼ぎの経験としては第一歩になる。

仕事をしながら新しいビジネスニーズを考える。仕事をしていないと現実のニーズが分からない。ポスティングされるチラシの内容をよく観察する事だ。チラシは、チラシ広告を出す会社のニーズが映っている。広告=社会のニーズである。ニーズが分かれば、それをビジネスにするにはどうしたら良いかを考えれば良い。

生活費を補うぐらいの稼ぎを作り出すには、時間がかかる。お金を自分で稼ぐのは大変だからだ。シニアには、時間が味方する。時間を使って地道に試行錯誤を繰り返す。小遣い稼ぎの体験からビジネスに必要な事を学んでいく。起業支援の無料セミナーなどに参加して他の人たちと情報交換をしても良いだろう。

自分で社会のニーズを見つける事が出来れば、そのニーズを満たす解決サービスを作り出せば自分のビジネスになる。人の物まねはやめた方が良い。物まねは上手くいかない。ビジネスは小さく、小さく始めて時間をかけて育て上げる。シニアにはそれをやるだけの時間がある。

年金をもらいながら生活をより良くするための小銭を稼ぐ。稼ぎながら、自分独自の小さいビジネスを作り出す。そして、時間をかけて育てて行く。

70歳の女性にインターネットを使えるようにと言っても難しいかもしれないが、使えれば凄いツールになる。色々と勉強しなければならないが、NPO団体でインターネットの使い方勉強の支援をしてくれるところがあるだろう。それを上手く活用する。

何をやるにしても体が資本だ。 体を毎日動かして筋肉の老化を防ぐ。筋肉が衰えると新陳代謝が弱まり、免疫力も低下する。足が動かなくなったり、歩くのが面倒になったりすると死期が近くなる。動物と同じである。自分で動けなくなったら、動物は生きていけない。人間も同じだ。

だからこそ、自分を動かす足の筋肉は鍛え続ける必要がある。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。