シニアは自分で生活のリズムを作るか、作ってもらうかのどちらかだ - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

be happy

60歳を越えたら、10年先、20年先の自分の生活のリズムを考えてその準備を今からした方が良い。年寄りになると社会から求められなくなる。社会はあなたを必要としない存在になる。会社に行く必要もなく、お金があれば何をしても良い状況に置かれる。

本当の人生は60歳から始まる!

多くの会社員は、実質、60歳の定年退職で古巣を去る。政府は、65歳まで働けるようルールを作ったが自主的に退職したいというように会社側は強制的に仕向ける。

例えば、

65歳まで今の会社で雇用されるが、新しい仕事は自宅から遠い単身赴任の場所に出向させられたりする。今までの自分の経験や知識が全然生かされない職場に移されて生きがいを失わせる。給与を極端に下げたり、労働環境を悪くしたりする。何も仕事が与えられないで新聞だけを読むような職場に移されたりする。

会社は、60歳を越えた社員を活かせて生産性を上げる取り組みをしようとしない。生産性を考えるとシニアの社員を辞めさせて若い社員を雇用した方が良い。これは当然な論理である。

60歳というのは人生の大きな節目である。

会社にぶら下がって生きようと思っても環境がそれを良としない。時間の問題で自分の生活は自分で!となる。会社での生活は、自分で作った生活のリズムで出来ていない。自発的に考えて作り出す生活のリズムは、与えられた生活のリズムで生きてきた人間にとって苦痛になる。

でも、

残された道は、それしかない。誰も助けてくれない。自分の人生は、最終的に自分で決めて自分の生活を作り上げなければ生きていけない。定年退職後は、人生の第二章だ。第二章から本当の自分の生活が始まる。自分で考えて自分で作っていく生活だ。他人と同じでない生活になる。それが当たり前の人生が60歳を越えた人たち全員に生まれる。

不幸にもリストラに会い、自分の人生を作り出した人たちがいる。シャープ、東芝、ソニー、パナソニックなどの大手企業で働いてきた中高年の会社員だ。リストラを不幸と捕らえるか、捕らえないかで人生は違ってくる。リストラをチャンスと見た中高年は、新しい人生を送っている。それも、自分の力で新しい人生を作り出している

会社組織に依存して生きてきた人は、居心地が良い同様の団体組織で生活のリズムを作ろうとする。それが長年続けばそれが良いのだが、営利団体であればあるほど生産性が低い高齢者は必要となくなる。同じ生活のリズムを追い求めるのには限界がある

早いうちに自分が作り出した生活のリズムで生きる習慣を身に付ける必要がある。自分が求める生活環境を第三者に依存しないで作り出す。何を新しい生活で求めるか。こんな生活をしてみたいと言うことが第一歩だ。 

第一歩が出ない人は、第三者に作ってもらう生活を送るしかない。それは自分の人生ではなく、押しつけられた他人の人生になる。自分の生活のリズムは、自分がアクションを取って生まれる日常の生活ルーティンである。 

例えば、私の生活のリズムを事例にしてみるとこんなだ。

私は自営業者である。生活費を自分で稼がなくては、生活を維持できない。生活のリズムのコアは、生活費を稼ぐためのリズムが一番優先される。インターネットビジネスをしているため、時間と働く場所で制約がない。それ故、自分で毎日の仕事スケジュールを組む必要がある。

出勤は、朝の8時半から9時頃になる。自宅では仕事をしないので横浜に出てスターバックスでコーヒーを飲みながら仕事をする。自分で決めた定型業務がある。毎月やらねばならないお客さん向けの仕事もある。帰宅は、夜の7時頃から8時頃だ。週末は、体を鍛えるために必ず近くのスポーツセンターに行って筋力トレーニングをする。

土日のどちらかは夫婦で外出をする。

これが大まかな生活のリズムである。自分が作った仕事でお金を稼ぎ、自活する生活のリズムである。仕事は、時代が変わるに従って新しい仕事を開拓しなければならない。新規ビジネスの開拓も生活のリズムの一部になっている。絶えず、新しいビジネスを探している。

自分で生活のリズムを作れないシニアは、隣百姓のような生活のリズムになりがちだ。友人、知人と群がり昔を懐かしむ。お金で困らない人であれば、この傾向が強くなる。年金だけで生活が苦しい人は、アルバイトやパートを捜して働くだろう。それが楽しめる仕事であれば、一番良いのだが現実はそうでない。それが当然と思った方が良い。

自分の余生を刺激ある人生にしたい、生きがいを感じる人生にしたいと誰もが思っているが、自分の思いをアクションに結びつける行動をしない。60才代の人であれば、まだ、体力も気力も残っている

70才になる前に自分が望む生活のリズムを生み出す準備をすべきだろう。