自分が老害にならないためにはどうするか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

 老害になるシニアは、金力や権力を持っている老人たちだ。影響力が大きいから間違った言動や判断をされると多くの人に迷惑が行く。大企業の役員、高級官僚、政治家などは老害を起こしているシニアが潜在的に多い。一度甘い汁を味わうと人間はそれを維持しようとする。年齢をわきまえなくなり老害が発生する。

老害はどの高齢者にも起こりうる!

老人は、時代の流れについていけない。新しいことも理解できない。何かを判断するときに昔の情報で解釈しがちになる。付き合う人が若者たちではない。同世代の人が自然と多くなる。

現実の社会から離れ始めると周りで起きていることを冷静に判断できず、独断で我が道を行く言動や行動が多くなる。コミュニティー活動で活動をするときに話が咬み合わないシニアに出会う。常識が時代錯誤しているシニアだ。そんなシニアが大声で威張り始めると老害が発生する。

老害は、現実を理解出来ないがために間違った判断で言動とアクションを行うときに起こる。摩擦は、現実の社会を動かしている若者や中年層から起きる。

江戸時代のように家督を譲る判断が今のシニアはできなくなっているのではないか。創業者の社長とサラリーマンのお雇い社長では老害のインパクトが違う。大塚家具の親娘の喧嘩は、老害だ。親は、子に家督を譲る勇気を持たねばならない。老いては、子に従えだ。

知らないうちに自分自身が周りに老害を撒き散らしているかもしれない。忍耐力が落ちてくるシニアは、若い人たちのマナーや言動に反感を持ちやすい。つい、言動がきつくなる。冷静に落ち着いて物事を判断すれば、怒ることもないのにと私は思う。レストランやお店での店員マナーなどは格好の餌食だ。

何だ、あの若造は!なんて思い始める。

カフェで仕事をしていると子供連れのお母さんたちがやってくる。スターバックスで雑談を楽しみたいお母さんたちだ。つい、会話に夢中になり自分たちの子供が周りで悪さ(走り回り、大声を出している)をしているのに気が付かない。Cafeには他のお客さんがいるということを忘れるからだ。

シニアの私は、段々と忍耐力が限度になり悶々とし始める。一声、「やかましい!」と叫びたくなる。

そこをぐっと抑えてスターバックスの店員に家族連れのグループを注意して欲しいと頼む。頭にくる前に2回、3回、深呼吸をする。深呼吸をすると冷静さを取り戻す。

自分たち老人の価値判断と常識は、今の時代の価値観と常識に合っていない場合がある。私の両親の時代は、婚前旅行は非常識という価値観であった。今は、非常識にならない。私の世代もそれを許容の範囲として理解している。現実に合わない価値観と常識を押し付けると老害が発生する。

シニアは、常に時代の常識と価値観を身につけるようセンサーを沢山買って身につける必要がある。スマホを使えないシニアは、スマホが当たり前の社会を理解できなくなる。マイナンバー申請などは、スマホで行えば写真屋で写真を取る必要もないし、数分で申請手続きが終わってしまう。

 スマホが使えないために不便になる社会だ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。