バレンタインのお返し:ホワイトデーに長男の嫁に渡す物をどうしようか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

3月14日はホワイトデーだ。長男の嫁からバレンタインデーにチョコレートクッキーを頂いた。家内からは何ももらっていないので新鮮な感覚を覚えた。なぜか、頂いたチョコレートクッキーの大部分が家内の胃袋に入っている。私の口に入ったのは、チョコレートクッキーの味見ぐらいだ。

世のご主人は、バレンタインデーに妻からチョコレートなんかをもらったのだろうか。娘がいれば、娘からプレゼントを頂いたのだろうか。私の家は、男の子だけであるので長男の嫁ぐらいしかバレンタインデーのプレゼントを貰えなかった。家内は、頂いたプレゼントを食べるだけだ!

長男の嫁が喜ぶホワイトデーのプレゼントを何にしたら良いのだろうか?

長男の嫁は、スイーツが好きなようだ。頂いたチョコレートクッキーは洋菓子だから私からは和菓子でも送ろうかと思っている。横浜そごうデパートの地下1階の入り口周辺は、スイーツのお店で一杯だ。洋菓子と和菓子のお店が出店している。昨年結婚したばかりの長男夫婦であるので嫁は私達に気を使っているのだろう

プレゼント交換は、お互いの心情を伝えあう儀式だ。長男の嫁については、交流がまだ浅いため良く分かっていない。家内は、Lineでコミュニケーションを嫁と取っているので女同士理解が早い。まあ、どんなプレゼントであれ、甘くて美味しければ問題ないだろう。

この歳になるとバレンタインデーにプレゼントを頂くことがない。組織に雇われていなので若い女性との交流もない。長男の嫁からのプレゼントは、その意味合いで新鮮であった。

彼女の義理父親として長男の嫁を喜ばすプレゼントが見つかれば良いなあ~と思っている。3月14日までにはまだ日がある。2,3の候補を見つけて最終的に決めようと思う。

横浜そごうデパートでは、既にホワイトデーのプレゼントセールスが始まっている。商業主義に煽られるのは好きではないが長男の嫁の気遣いには丁寧に答えたいと思う。このギフト交換がこれからずっと続くとは思わないが・・・続くことでお互いに負担が生まれないようにしたい。

お互いに気心が知れるようになれば、自然消滅すると想像する。

会社の管理職の人は、義理チョコ選びに苦労するだろう。女子社員の部下をたくさん持つ生命保険会社の部課長は大変だ。仕事でない所で気苦労が出てきてしまう。

米国の大学に留学していた時、バレンタインデーは男性が女性にプレゼントをあげて食事に誘うのが習慣であった。ホワイトデーなんてものはない。日本だけは、どうも商業主義が強すぎておかしな習慣を作り出す。困ったものだ。

バレンタインデーとホワイトデーで悩む人達と喜ぶ人たち(業者やお店)が今の日本を表現している。日本独自の習慣だ。無くなっても何も変わらないのに!いつになったら廃れるだろうか。多くのシニアには、関係ないイベントなのだが気持ちを通わせる交流イベントとしては有意義かもしれない。