65歳になったら直ぐにやめること - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

65歳になったら何か生活に変化があるのだろうか。65歳になる前にいつもそんなことを考えているシニアが多いのでは無いか。多くのシニアは65歳で会社勤めを辞めるだろう。平日の出勤は無くなる。好きな時間に朝起きることが出来る。

今まで再雇用、再就職で65歳まで働いていた人にとっては、大きな生活の変化がやってくる。大きな生活の変化は、今までの生活習慣を改めることを強制する。

金融資産を確認して新しい借金をしないでローンを無くす!

60歳の定年退職で多額の退職金が転がり込む。65歳の退職前まで給与の振り込みが続く。65歳からは、新しく働く場を確保していない人は、毎日の生活費が貯蓄と年金から差し引かれる生活になる。収入は、急激に少なくなる。多額の退職金があるにしても10年もしたら相当減ってしまうだろう。

65歳からの生活は、質素倹約の生活になる。アルバイトやパートの仕事をして生活費の足しにすることが出来るが、毎月の生活に経済的なゆとりを作るしか無い。そんな慎ましやかな生活で新しい借金をするような行動は止めるべきだ。アルバイトやパートで月10万円前後の収入があってもあまりお金は貯まらない。

65歳からの1年間は、新しい生活のリズムを構築するために無駄遣いな行動をせざるを得ない。暇な時間が多過ぎる毎日だから、無駄遣いをする。時間とお金は、65歳から100歳までの生活を可能にする2つの事に集中すべきだ。

1.借金を計画的に無くし、お金を稼ぎ続ける働き方

2.健康寿命を延ばすための運動習慣作り

老後の生活で不安視されている事は、(1)病気で発生する医療費と(2)老齢による介護費用である。この2つは、お金の問題であるので裕福なシニアは対象外だ。私のように貧乏なシニアは、自分の健康寿命を延ばすしか手段が無い。健康であれば、医療費は発生しない。健康で普通の生活が出来ていれば、介護費用も発生しない。

多くのシニアが老後を不安に思っている金銭問題は、詰まるところ健康で居続ければ問題として派生してこない。健康であり続けている限り、お金を稼ぎ続ける機会がある。

住宅ローンが残っているならば、まずはその残金を出来るだけ早く返済できるような生活様式を作る必要がある。出来るならば、70歳になる前までに返済を終える事だ。70歳までは、気力と体力が続く。70歳を過ぎてのローン返済は、生活のリズムを狂わせる。

老後の生活は、無借金生活が大前提だ。

借金をして、返済して生活する習慣を持っているならば、直ぐにその習慣を止めるべきだ。キャッシュフローが毎月あり、お金が貯められる収入があるシニアならば、兎に角、早く借金を返済して借金をしない新しい生活習慣を確立する事だ。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。