一人で身の回りの世話が出来なくなった時、老人にはどのような選択があるのか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

老後一人の生活になった時、自分で自分の世話が出来れば自由快適な老後の生活が送れる。年金で生活が不自由なく送れていればの話だが。どちらにせよ、誰もが最後は一人の生活に直面する。そして、自分の家で一人生活が出来なくなる時がやってくる。

認知症になる。転倒して骨折し、介護ベッド生活になる。足の衰えで身の回りの世話が出来なくなる。突き詰めれば、一人で自分の世話が出来なくなる時だ。個人差がある。家族環境の違いもある。経済的環境も違う。

選択と決断

最愛の伴侶が他界した時、(選択と決断)

  1. 一人で今の家で生活を続ける
  2. 長男夫婦の家に居候する
  3. 老人・グループホームに引っ越しする

1.の「一人で今の家で生活する」を選択した場合、自分で身の回りの世話が出来なくなった時点でまた選択と決断が要求される。2と3のどちらかの選択だ。

経済的に余裕があるならば、老人・グループホームに引っ越す人が多い。私はその選択をする。経済的に無理な場合は、長男夫婦の家庭に居候しかない。昔ながらのしきたりで。まあ、これは家庭環境によって個人差がある。次男や娘の家庭かもしれない。

いづれにしても、自分の世話が出来なくなった時点が人生最後の選択と決断になる。自分の最後の生活スタイルをどの様にするかを今から決めておく、または、準備して置ければ、自分の最後の生活で迷わない。

自分の人生最後のライフスタイルを想定できれば、そのライフスタイルをより快適にさせるための準備が出来る。それが老後の生活を意味ある生活にするきっかけになるかもしれない。

自分で自分の世話が出来なくなったら、あの老人・グループホームで生活をして子供たち家族に負担をかけないようにする。その目的を達成させるためには、どれぐらいのお金が必要なのかを調べ始める。年金で足りないならば、今から足りない金額を補てんする仕事をする。これで仕事をする目的が明確になる。

最後の人生をより快適にするという目的を掲げれば、今からの老後の生活に生き甲斐が生まれる。どちらかの伴侶が他界したら、お互いが事前に計画していた行動を取る。これの計画が出来ていれば、悩むことは少なくなる。

私たち夫婦は、長男夫婦や子供たち家族の世話に成らない老人ホームで最後の生活を送ることにしている。子供たちの家庭は彼らの生活習慣で成り立っている。その生活習慣を乱したくないし、その環境に自分が適応できるか分からない。お互いに不必要な負担が発生する。

今、私たち夫婦(60歳代)が出来る事は、

  1. 健康寿命を延ばす食生活と運動習慣(足を鍛える)
  2. 老人ホームに入るためのお金を稼ぎ、貯める
  3. 私が先に他界すると経済的に苦しくなる妻の年金にプラスする妻専用貯蓄(へそくり支援)をする

こんな事だ。65歳になるまであと3年ある。それまでは、生活費を稼ぐために働くことになる。年金受給後は、老人ホームに入るために必要な資金を稼ぐために働くという目的になる。

適度に老後を楽しみながら、適度に仕事をしながら資金を稼ぎ、貯める。平均年齢が80歳ぐらいなので70歳代までは生存できるだろう。生存している間に出来るだけ老人ホームに引っ越しが出来る金を稼ぎたい。資金の貯め方と稼ぎ方は、人それぞれだ。

私が妻に出来る事は、生活費を多めにあげて、その中から妻にへそくりを貯めさせることだ。夫婦二人の生活費が月15万円ぐらいならば、月25万円から30万円ぐらいの生活費を与える。最低月10万円ぐらい、妻のへそくりとしてお金を貯められるようにすることだ。

以上、「一人で身の回りの世話が出来なくなった時、老人にはどのような選択があるのか?」について私なりの考えとアイデアを書いてみた。