やりたい事が有るか、無いかで老後の生活は決まる - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

私は死ぬまで仕事を続けたいと思っている。インターネットビジネスはそれが出来る可能性がある。自己完結型のビジネス構築が完成すれば、いつでも、どこでも、相手を気にせずに自分の仕事をやり続けられる。お金を稼ぐ仕事だが、その仕事を趣味と考えるか、社会貢献と考えるかで自分の立ち位置が変わってくる。

余生を楽しむ方法は沢山あると思う。人によって楽しみ方が違うのでこれだという事は言えない。私は、今の仕事をすることで社会との接点と刺激を楽しんでいる。ビジネスをすることで自分に挑戦しているからだ。自分がやることでその結果を味わえる。それが面白い。

やりたい事が有るシニアはそれを躊躇なくやるべきだ!

シニアの余生を楽しみたいならば、好きな事、やりたい事をやるしかない!60歳を過ぎると、好きな事、やりたい事をやる機会が増えて来る。タイミングこそがすべてである。命の時間があるうちにやることだ。

私の知人は皆ビジネスをやっているが、体の半分はビジネスから離れたことをやっている。やりたい事がビジネスに限らず、好きな事に時間を半分使っている。当然、ビジネスは現状維持か、そこそこの売り上げを確保すれば良いという感覚だ。

年齢を取るに従って好きな事に時間を使っているのが見てわかる。私のように仕事が趣味で好きな事ならば、今やっている事に時間をすべて投入すれば良いだけ。ここに個人差がある。人それぞれやりたい事が違う。好きな事が違う。

歳を取ってから使い切れないお金を稼いでも自分を楽しませない。面白いのは、自分でお金を稼ぐ過程だ。稼いだお金は結果でしかない。お金を使う事が面白いと思っている人は、それがやりたい事なのだろう。私にとっては、お金は必要なだけあれば良いと思っている。必要な時に必要なだけお金を使えればそれで満足だ。

今構築しているビジネスは、それを可能にしてくれる。その仕組み作りが面白い。なかなか簡単には出来ないし、構築するのに時間と工夫と知識がいる。学びながらビジネスの基盤づくりをしなければ成らない。それが面白いと私は思っている。

やりたい事が無い、好きな事が無いというシニアがいるが、それは嘘である。意識していない所で好きな事をあなた自身がやっている。それに気が付いていないだけだ。好きな事が分からないシニアは、奥さんに聞いてみると良い。第三者の視点から的確な回答が得られるはずだ。

奥さんが一番あなたの事を知っている。