老人の気分を変えるにはスーツを着て外出する事だ! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

2018年の仕事始めは、スーツ姿で始めた。通常は、カジュアルな服装で仕事に行くのだが、年初の気を引き締めるためにスーツ姿で仕事を始める事にした。私がスーツ姿で仕事をする時は、お客さんの会社に出向くとき、懇親会に参加する時、賀詞交歓会に行くときなどだ。

仕事から離れた元会社員は、スーツ姿で外出する事が少なくなる。特別なイベントでスーツ姿を要求しない限りジャンパーとジーパン姿ではないか。特別なイベントがまれなのが老後の社会だ。スーツを着ると会社員時代を思い出す。スーツを着て、ネクタイをつけて、革靴を履く。ビジネスマンの鎧姿になる。

スーツを着た老人は回りの目にも爽やかに映る!

スーツ姿だからどうのこうのではなく、スーツ姿になることで気分を変える事に意味がある。仕事から離れた生活は、ダラダラしがちになる。気持ちが緩みっぱなしになる。その精神状態が生活に反映される。昨年は家内から、「折角スーツが沢山あるのだから、もっと着て下さいよ!あなたはスーツが似合う人なんですから…」と小言を言われた。

今日も濃紺のスーツとネクタイで仕事に出た。仕事では、別にスーツ姿になる必要が無い。人に会うわけでもなく一人でカフェでインターネットビジネスをするだけだ。他人から見えれば、スーツ姿の人はどこかの会社員と見受けられる。老人であってもカジュアルな姿とスーツ姿では他人の見方が違う。

むしろ、

70歳、80歳の老人がスーツ姿でカフェに来ていてスマホを見ているだけでも何らかの仕事をしている会社役員かなと見られる。一般的な70歳以上の老人は、スーツ姿でいる事が少ないからだ。私は、仕事場としてスターバックスを使っている。スーツとネクタイ姿の私とカジュアルな姿の私では、スタバの店員の表情が変わる。「あぁ、この方は仕事をしているシニアなんだあ!」というような表情と対応になる。

実際は仕事をしていなくても相手が良いように解釈してくれるならばそれで十分だ。それよりも自分の気持ちがいつもと違って張りが出ていればそれが一番良い。張りのある生活を維持することで生き甲斐も生まれてくる。気分が変われば、何か新しい事でもやってみようかという意気込みも生まれてくる。

老人になればなるほど見栄えを気にしたほうが良い。老人は年老いて来ると醜くなるからだ。その醜さにさらなる醜さを追加するのが服装だ。自分の姿を魅力的にする努力が服装に無いと醜さを隠せない。ただでさえ皮膚は老人の皮膚になり、しわやシミだらけだ。誰も老人なんか気にしていないと思われがちだが、人の目は絶えず注がれている。

妻からの強いリクエスト

「外と内の服装にメリハリをつけてほしい!」ということだ。女性は世間体を非常に気にする。自分の旦那がみすぼらしい格好で歩き回ってほしくないと思っている。

旦那がみすぼらしい格好で歩き回るとその奥さんの評価も下がると心配している。奥さんがしっかりしていないからあんなみすぼらしい老人になっているなんて思われる。

奥さんに余分な心配事を思わせないためにも外出時は、スーツとネクタイ姿が一番無難で気に張りが出る。スーツとネクタイ姿の老人は他人の目に好印象に映る。スーツとネクタイ姿は、社会の中にまだつながっているというサインだからだ。実際につながっていなくても繋がっているふりをするだけでもプラスだ。

私は、家内の心配事を無くすために暖かい気候になる4月まで毎日(特別な事情が無い限り)スーツとネクタイ姿で仕事に出ることにした。

この記事「老人の気分を変えるにはスーツを着て外出する事だ!」のポイントは、

  • スーツとネクタイ姿になると気が張り、気分がシャキッとする
  • 醜い老人の姿をスーツとネクタイ姿でカモフラージュする
  • スーツとネクタイ姿は、社会の中にまだつながっているというサイン

 

goyat.biz