65才何もする事が無く精神的に限界と思っている人はこれをする! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

「65才何もする事が無く精神的に限界」と思って生活をしているシニアがいる。こんなシニアは、昔の企業戦士だったのだろう。エコノミックアニマルとして仕事に一生をかけて働いてきた人なのではないか。

私を含めてシニアが新しい事を始めるのには、何かのきっかけが必要だ。きっかけは何でも良い。なにも頭に浮かばなければ、体を動かすことだ。もし、自分の環境が許すならば、今から近くのショッピングモールに電話してカート回収アルバイトに応募する。このアルバイトをやりたいのだが、家内が世間体を気にしてやらせてくれない。

私の仕事はインターネットビジネスであるので半日ぐらい自由に出来る時間がある。インターネットで稼ぎながら、現実の世界でもお金を稼ぐ時間がある。カート回収アルバイトは、体力を要求する。体を鍛えるのに都合が良い。「65才何もする事が無く精神的に限界」と思っているシニアは、頭で解決方法を考えるのではなく体で汗を流しながら体で考えたほうが良い。

「65才何もする事が無く精神的に限界」なんて自分の頭が勝手に作っている。頭にコントロールされないで体に一時的に任せたら良い

体を動かす行動を起こす!

体を動かす行動は何でも良い!自宅にいないで外に出ることから始まる。ハローワークに行った事が無いならば、仕事探しに行って見ると良い。65歳のシニアを雇ってくれる会社がどれだけあるのかの現実を知る事が出来る。現実を知る行動をしばらくとってみる事だ。頭の中の世界で苦しむのではなく、現実の世界で知らない事を発見する行動から新しい事を学ぶ。

知らない現実の世界が沢山あることに気が付くはずだ。しばらくは、知らない現実の世界を探検してほしい!

介護の世界を知らなければ、介護施設で募集しているアルバイトをやってみる。いずれ自分も介護施設にお世話に成る。事前に介護施設の状況を体験するのも新鮮ではないか。現実の世界を直視することで今まで感じていなかった世界を感じられるようになる。何事もまず自分で動いて自分の周りに風を起こすことだ。

自分が行動して発生した風が誰かに当たる。当たった風が跳ね返ってくる。自分が動けは何かが変わる。変化を作れる自分の姿に気が付くはずだ。私の目標の一つに「新しい仲間を作るために趣味の団体、または、グループに参加する」と言うものがある。その最初のアクションを先日取った。ネット上で知り合った方々と渋谷でお茶をする。全く知らない人たちだ。

自分で行動を起こすことで何かが起きる。何かが自分に起きる事を待っていてはだめだ。待つ事は誰にでも出来る。

昔の会社社長がこんな言葉を私たち社員に残してくれた。「知恵が出せない奴は、汗をかけ!」こんな言葉だ。頭で考えつかなければ、汗を出しながら体で回答を見つけろ!という事だ。「65才何もする事が無く精神的に限界」なんて感じている人は、頭で何も考えずに体を動かす行動を取れば解決する。

騙されたと思って、やってみる事だ!やって損はしない。

この記事「65才何もする事が無く精神的に限界と思っている人はこれをする!」のポイントは、

  • 「65才何もする事が無く精神的に限界」なんて簡単に解決できる
  • 頭で何も考えずに体を動かす行動を取る
  • 家を出て現実の世界を体験する冒険に出る事だ