65歳から受け取れる年金を後に頂くか、65歳で頂くか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

65歳になるまであと2年がある。65歳になる頃には、年金の受取時期の選択が可能になるかもしれない。自分の命が何歳までと分かれば、そこから受け取れる年金額を計算できるのだが。年金の受取を70歳にしたら、67歳で死んでいまい、年金を受け取れないで終わるというリスクも有る。自分は長生きをすると信じている人は、年金をもらえる時期を65歳以降に設定したほうが金額が増えてお得かも。

でも、

年金の金額が毎年下がっていくとしたら、意味があるだろうか。65歳時に年金をもらうことで生活を楽に出来るならば、それが良いのかもしれない。収入に余裕がある人は、別に年金で生活をしているわけではないので社会貢献として年金の受取年齢を70歳あたりにしてはどうか。ふと、そう思った。

私は65歳の時に年金を貰う予定だ!

65歳時に年金を頂く私なりの理由がある。

理由その1

私は日本政府の年金財産が将来的に確保するのが難しいと見ている。先に現金を手にして自分でそのお金を運用したい。年寄りにとってお金の価値は、年老いていけば行くほど価値がなくなる。元気な時にお金を使わないとその恩恵を素直に感じ取れない。仮に70歳から年金を受け取ることにする。70歳になった途端に健康障害が体に起きて年金を医療費に使ってしまう。

65歳時に年金をもらえば、体はまだ元気だ。年金は、医療費以外に使える。70歳を境に老人は健康障害を発症しやすくなるお金は、元気な時に使うに限る。

理由その2

国民年金の満額が、月6万6000円ぐらいだ。この金額が数十パーセント増えてもどれだけ得になるか分からない。累計の金額では、77歳の時に70歳支給の人は、65歳支給の人の金額を超える。私は、今を楽しみたいので65歳から頂くべき年金を頂きたい

年齢 65歳支給開始 累積 70歳支給開始 累積
65歳   80万  80万
66歳   80万 160万
67歳   80万 240万
68歳   80万 320万
69歳   80万 400万
70歳   80万 480万  150万 150万
71歳   80万 560万  150万 300万
72歳   80万 640万  150万 450万
73歳   80万 720万  150万 600万
74歳   80万 800万  150万 750万
75歳   80万 880万  150万 800万
76歳   80万 960万  150万 900万
77歳   80万 1040万  150万 1050万

問題は、77歳まで生きるという保証がない。70歳時に年金が支給される間に年金財政がおかしくなるリスクが有る。

体が健康で元気でないとお金は生きてこない。60歳から70歳の間が一番老後の生活を生き生きと楽しめる。体がまだ若いからだ。70歳以降は、老化現象が激しくなり、免疫力も落ちて、体の弱い部位から病気が発症しやすくなる。60歳代と70歳代では、体の健康度が違う。

年老いて不自由に成った体で多額のお金が手元にあってもお金で楽しめない。喜ぶのは、家族だけだ。自分が頂くお金は、自分の人生を楽しむために使うべきだ。65歳ではなく、70歳に年金をもらってもお金を使う楽しみを失っているかもしれない。 

政府の言うことは、あまり信用していない。今は、65歳から年金を支給し、70歳以降まで支給開始年齢を選択できるとしているが、政府の都合で選択ではなく強制的に70歳に支給するとなる可能性が大きい。

当然いただけるお金は、できるだけ早くいただいたほうが安心だ。自分のコントロール下に年金を貯めて置ける。既に年金をもらっている65歳以上の老人にはあまり関係ないが、これから年金を貰う予定のシニアにとっては、先にもらえるお金をもらったほうが幸せだ。

 私のビジネスは、全て先払い決済を基本としている。後払いのお客さんからの仕事は受けないで今までやってきている。お陰で焦げ付きがゼロだ。精神的にストレスもない。不確実な未来に期待しても期待できない可能性がある。シニアは、「今を生きて、今を楽しむべきだ!」年金はそのための資金になる。

この記事「65歳から受け取れる年金を後に頂くか、65歳で頂くか?」のポイントは、

  • 私は65歳の時に年金を頂く予定でいる
  • 年金を先延ばししても累計金額で逆転するのは77歳の時だ。77歳まで生きていればの話。
  • シニアは、「今を生きて、今を楽しむべきだ!」年金はそのための資金になる。

 

goyat.biz