定年や老後の生活について書かれた本に影響されない - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

ネットの読者から定年バカ」という本があることを教えてもらった。本屋に行くとランキングに入っているほど人気がある本である事が分かった。ちょっと、立ち読みをしてみた。この本の著者が言いたい事は、自分の老後を他人の生き方に影響されないで好きに生きれば良いという事を感じた。

世の中は、自分たちの利益になるような情報が溢れている。定年関連、老後の金融資産、相続、シニアの仕事、健康関連など色々な助言や考え方が著名者から発信されている。私から言えば、「老後は他人に影響されないで自分が好む生活をすれば良い!」これだけだ。

自分の老後は自分しか分からない!正しい老後の暮らし方なんてない!

還暦を迎え自分がシニアとして認識され始めると老後の生活について考え始める。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットのニュースサイトでは、(1)もらえる年金、(2)シニアの仕事、(3)お金の貯め方と増やし方、(4)健康を維持する方法、(5)健康的な食生活、(6)シニア同士のふれあい、(7)老人ホーム、(8)介護関連などをテーマにした記事が多くみられる。

多くの記事は、これをしなさい、あれを注意しなさいと老後の不安を作りだしている。実際の老後生活を体験していないシニアは、自分の老後をガイドする情報が手元にないため巷の情報に影響される。

基本的に老後の生活は、衣食住+健康が満たされる生活であれば何も心配いらない。細かい事は、個人ごとに解決すれば良い程度のものだ。老後の生活で最低必要なお金は、一人3000万円とか、1億円とか、勝手な事を言っている。お金に関しては、その人の生活レベルで変動するので一概に言えない。これが現実だ。

自分の命がいつまであるか分からないのにまだ見ぬ老後の自分を想像しながら不安に追われる生活はつまらない。

定年後の暮らしや老後の生活について書かれた書籍は、あくまでも他人が感じたことを書いているに過ぎない。自分の老後に同じことは起きないかもしれない。参考程度に他人の老後の考え方を楽しめば良い。

自分の老後の生活は、その人の生き方に依存する。私のように生涯現役で老後を送ることを考えているシニアは、働いていないシニアの生活には興味が無い。参考になる情報は、私と同じように生涯現役で働こうとしているシニアの話だ。人それぞれの老後の考え方と欲求がある。他人の老後の生活は、自分には関係ないと思った方が良い。同じ生活なんて送れないからだ。

老後の生活は、自分で作って行く白紙の道だ。自分が老後に求めている事を実現させるためにはどうしたら良いかを探しながらその時、その時の時間を楽しむ。人生の旅の終着駅が見えてくるまで心が満たされる生き方を追求するだけだ。その世界には、他人の考えが入る余地はない。人それぞれの感じ方が違うからだ。

私たちは、一人で生まれて来た。そして、一人で死んでいく。その人の人生はその人しか分からない。1万人いたら1万人の人生がある。老後の生活も同じだ。他人と同じ老後の生活をしようと思っても出来ない。お金持ちになった人の本を買って読んでもお金持ちにならない。ビジネスで成功した人のやり方を真似しても成功しない。

老後は自然に"Going My Wayの生活になって行く!"

他人の老後を気にせずに老後の情報に振り回されずに自分が求める物を得るにはどうしたら良いかを追求すれば良い。自分の人生を決めるのは自分だ。今までもそうではなかったのではないだろうか。他人に依存しない自分に依存する老後の生活を求めるのが私の老後の暮らし方だ。

この記事「定年や老後の生活について書かれた本に影響されない」のポイントは、

  • ネットの読者から定年バカ」という本があることを教えてもらった
  • この本の著者が言いたい事は、自分の老後を他人の生き方に影響されないで好きに生きれば良いという事
  • 老後は自然に"Going My Wayの生活になって行く!"

 

goyat.biz