趣味は生き甲斐(生きがい)にならない - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

趣味に生きようと思って生活を始めても何か物足りない感じをするのは、会社でバリバリ働いてきたあなたではないだろうか。

シニアの人たちは、自分の経験や知識を社会に還元したいと思っている。私が所属する経営支援NPOクラブにいる元大企業の社員たちは自分に何かを依頼してくれるのを待っている。頼られる存在になっていたいのである。自主的に何々をやるというのではなく、誰かに頼まれるのを心地よしとしているように感じる。

仕事でないと生き甲斐は生まれない!

趣味の世界は、自分の世界になりがちである。そのため、社会との接点や交流の面で仕事と比較して刺激が少ないのではないだろうか。やりがいは、自分の能力以上の目標に向かって苦労しながらやり遂げることで生まれる。趣味の世界は、自己満足で好きな時に終れる。

仕事が生き甲斐で来た団塊の世代にとって仕事は人生の核になっている。仕事があるから自分の存在を確認できた。仕事がない今は、自分の存在が見出せないでいるシニアが多い。 仕事は社会との出入り口である。

経営支援NPOクラブのシニアたちは、頼まれると誰かと共通の目的を持てる。仕事という共通の目的である。多くの案件は、中小企業への案件紹介である。グループで一つの案件を対応する。そこには、仲間がいる。仕事をする機会がある。暇な時間を中小企業を支援するという大義名分で仲間と一緒に使う事が出来る。

多くの案件は、簡単には解決できない。それ故、頭と体を使う。同じ共有経験が仲間と出来る。それが、このNPO団体に所属する魅力かもしれない。

一人で追求する趣味は、仕事にどっぷりつかってきた団塊世代のシニアには向かない。趣味では仕事以上の生き甲斐を感じられない。

仲間と一緒に目的に向かって苦労する。生き甲斐は、そんな中から生まれてくるのではないだろうか。社会貢献の思いで色々なNPO団体に参加するシニアが増えているが、生活費を稼がないと老後の生活が維持できないというシニアも多い。仕事は、何らかの賃金を生む。

  • 趣味だけで本当に満足が行く老後の生活をしていますか?
  • 自己満足になっていませんか?
  • 新しい仲間とワイガヤを求めていませんか?

goyat.biz

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト