スコッチグレイン特別セールスで撥水加工の革靴を買う - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

grain1

スコッチグレインの特別セールスは、工場で発生したB級品が目玉になっている。通常の価格が35000円する革靴が2万円ぐらいで買えてしまう。特に人気な革靴は、撥水加工がされているレインオアシャインと呼ばれる耐久性が高い革靴だ。5年前に同じ特別セールスで1万5000円で購入した。今もその革靴を使っている。

とにかく丈夫。雨の日にすごく強い革靴だ。今回も同じ撥水加工がされた革靴を購入した。こんな革靴だ。

特別セールス初日午前10時オープン前に150名並ぶ!

grain2

grain3

grain4

スコッチグレインの撥水加工がされた革靴のソールは、ゴムになっている。耐久性が高いゴミのソールであるため長持ちがする。もう、この歳で革靴を毎日履くことがないので今回は一足にした。税込みで2万円であった。B級品でない製品は、3万5000円前後の価格だ。B級品と言っても分からないほど傷が見えない。

平日の今日、午前9時30分頃に有楽町の東京交通会館12階会場に向かった。エレベーターのドアが12階で開いた。既に人混みでいっぱいであった。人混み整理のスタッフが最終列の場所を大きな声で案内していた。普通の会社員は、会社で仕事をしているはずなのだが8割のお客が30歳代から50歳代の会社員であった。奥さんらしき女性は10人もいなかった。男性の革靴がメインであるからだ。旦那さんの革靴を安く買いに来たのだろう。

約30分ぐらい列に並んで特別セールス会場がオープンするのを待った。私が会場に入った時は、先に入場していたお客たちでいっぱいであった。椅子に座って選んできた革靴のサイズを試していた人が多かった。私は、最初から撥水加工がされた革靴を目当てに来たんですぐに目的の革靴が置かれている場所に向かった。

初日であるので在庫が無くなるということはないので自分のサイズの革靴を見つけて試してみた。履き心地が良く、デザインも気に入ったので直ぐにその革靴を持って支払場所に向かったのだが、そこも長蛇の列で並んでいた。15分ぐらい列に並んでやっと支払いを終えた。支払いを終えたお客は、無料でポッピーという焼酎+ビールの飲み物を味わえる。一杯飲んでから横浜に戻ってスタバでこの記事を書いている。

招待状のハガキがないと入場できない。私の息子もスコッチグレイン愛好家であるためか、招待状のハガキを持って会社帰りに立ち寄ると言っていた。初日の夕方は在庫が少なくなっているので買えるかどうか疑わしい。今日から3日間特別セールスが開催されるので明日には在庫が補充されるだろう。

私のように一足買う人よりも3足ぐらいまとめ買いをしている会社員が目立った。中にも10足以上も買っている若者がいたが、彼らは自分の店で転売する目的なのかもしれない。一人で10足はありえない。ヤフオクやメリカリで転売する目的で購入する人もいるだろう。

毎年、特別セールスがあるわけではない。B級品の在庫がある程度溜まった年に開催される。数年前に同じような招待状のハガキが届いていたのだが、革靴を買うニーズがなかったのでパスした。今年は、今はいている撥水加工がされた革靴の買い替えで特別セールス会場に出かけた。

ゴムのソールは、頑丈で長持ちするのだが革靴の重さを増やす。多分、左と右の靴で2キロあるだろう。軽い革靴を履いている人向けではない。重い革靴は、シニアの足の筋肉を鍛える。この革靴を履き続けると確実に苦労なく足上げの筋肉を鍛えられる。足を鍛えたいシニアにはお勧めだ。

この記事「スコッチグレイン特別セールスで撥水加工の革靴を買う」のポイントは、

  • 梅雨の時期に大活躍をしたスコッチグレインの撥水加工された革靴を安く買う。通常価格3万5000円が2万円ぐらいで買えた。
  • 特別セールスは、スコッチグレインのB級品在庫がある程度工場で溜まった年に開催される。
  • お客は、長蛇の列を耐えながら好みの革靴を買っていく。30歳から50歳代の会社員がほとんどであった。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。