無料と有料サービスの違いは質:NHKと民放テレビ放送 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

テレビ放送が無料の民放テレビはコマーシャル広告で対価を得ている。NHK放送は、視聴者からお金を頂いて番組制作をしている。制作費がかかる番組は、NHKが多い。民放のテレビ番組は、あまり制作費をかけないで視聴者を増やそうとする。人気がある芸人や俳優・女優を起用して番組の内容よりも出演者のブランドで引きつけようとする。

「番組の質」という視点で見ると民放のテレビ番組は落ちる。見て何かを考えさせたり、感心したり、発見したり、学べたりする番組が少ない。テレビを見る人の好みにもよるが、 時間と費用がかかるドキュメント的な番組はNHKが優れている。NHKスペシャルの特集は、感心する内容と質がある。

無料のサービスはありがたいが、質の面で満足できない。有料サービスは、質が伴わないとお金を失うリスクがあるのでそれなりの質を維持する配慮がある。NHK放送は、一度支払いを始めると止めるのが難しいのが難点だが致し方ない。他の有料サービス、例えば、Netflixなどのネットストリーミング放送は月単位で視聴契約を止められる。面白くなくなればすぐに視聴者は、その有料サービスを止められる仕組みになっている。

老い先が短いシニアは「質」を求める生活が良い!

これからのテレビ放送は、広告を対価とした無料放送が成り立ち難くなる。YouTube動画に夢中になる若者たちがテレビ放送離れをしている。私のようにSF番組に興味があるシニアは、見たいSF番組を提供しているペイドテレビNetflixに自分の時間を使っている。昔は、通常のテレビか、ラジオぐらいしかない。放送番組の選択肢が少ないために我慢を強いられていた

今は、インターネット経由で趣味嗜好にあった番組だけをカスタマイズして視聴できるネットストリーミング放送が生まれている。有料テレビであるので広告を見る必要がない。自分の好きな分野の番組だけをいつでも視聴できる。「質」が落ちる番組が多ければ、直ぐに有料視聴者が減少する。

老いてくると外出することが少なくなる。自然と自宅での生活が増えて、暇つぶしにテレビを見る時間が増えて行く老人にとってテレビ番組は唯一無二の余暇になる。

テレビを見る時間が増える老人には、現代の利器を使う環境がない。テレビはインターネットとつながり始めているのだが、自宅にインターネット環境を作れない老人宅が多い。年齢が75歳以上になれば、インターネットという言葉も理解できないし、分からない。自然と一番使い慣れたスイッチオンで見れる通常のテレビ番組になってしまう。

好奇心旺盛な老人は、時代に追いつこうとインターネット環境を自宅に作る。子供や量販店に依頼してテレビをインターネットと繋げてネットストリーミング放送を有料で楽しむ。私が利用しているNetflixネットストリーミングサービスは、購入した東芝のテレビにNetflix専用のボタンが有る。インターネットに接続する無線Wi-Fi環境があればすぐに使える。

インターネットの仕事をしているので無線Wi-Fi環境が自宅にないと仕事ができない。そのため、ネットストリーミングサービスは自然と受けられる環境がある。今年の1月からNetflixサービスを契約した。契約した理由が、Star Trek番組が放送されているからだ。Star Trekファンである私は、長年、米国でStar Trek番組を楽しんできた。日本に帰ってきてからはStar Trek番組を見たくても見れなかったのでNetflixで放送し始めたと聞くとすぐに契約をした。

Netflixは、オリジナルの番組を増やしている。SF番組も多い。子供の頃に見て楽しんだLost in Space(宇宙家族ロビンソン)のリメイクがNetflixオリジナルで放送されている。今楽しんでいる番組にオルタナティブ・カーボンがある。永遠の命をテーマにしたSF番組だ。肉体は、消費財のようになり取替や購入ができる社会を描いている。果たしてそんな時代が本当に到来するかだうかは分からないが考えられる可能性がある。

Netlixは月額1000円(税込み)ぐらいでフルハイビジョン映像を3人が別々の番組を視聴できる。これが標準タイプのサービス契約になる。インターネットに接続できるスマホ、タブレット、パソコンやテレビであればいつでも、誰でもログインして視聴ができる。通常のテレビ番組もこれからインターネット放送に移り始めるのでそれが可能になるだろう。

老い先短い老人は、時間を有効に使えるかどうかで生活の質が変わる

どうせテレビを見る時間が多いならば、自分好みのテレビ番組をいつでも見れるほうが満足が行くはずだ。見たくない広告や宣伝を強制的に見せられるよりも見たい番組だけを見る有料サービスが生活の質を高める。

この記事「無料と有料サービスの違いは質:NHKと民放テレビ放送」のポイントは、

  • テレビ放送が無料の民放テレビはコマーシャル広告で対価を得ている。NHK放送は、視聴者からお金を頂いて番組制作をしている。
  • 老いてくると外出することが少なくなる。自然と自宅での生活が増えて、暇つぶしにテレビを見る時間が増えて行く。老人にとってテレビ番組は唯一無二の余暇になる。
  • 老い先短い老人は、時間を有効に使えるかどうかで生活の質が変わる

 

goyat.biz