トラブルに巻き込まれない老後の生活を送るには・・・ - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

シニアが直面するトラブルは、多岐に渡っている。トラブルは人間関係から起きる場合が多い。オレオレ詐欺のように攻めてくるトラブルもあるが、オレオレ詐欺防止の端末(LET'S 振込め詐欺見張隊 新117 L-FSM-N117LET'S 振込め詐欺見張隊 新117 L-FSM-N117)を電話機に取り付けることで避けることが出来る。

起業して経営者として活動していると色々な方と出会う。親切な方から詐欺師まで色々だ。知らない人に触れることで人を見る目が育てられる。知らない人との付き合い方を自然に学ぶ。自然に学ぶというのは、痛い経験を通して同じトラブルを繰り返さないという意味合いだ。ビジネスの世界には、嘘をつく人が多い。それを嘘というか、大ぼらというかは個人差があるが。

人を見る目が出来ていないと要らないトラブルを買う事になる。深入りすべきでない人と付き合ってしまう。60歳代から70歳代は、自分の余生をどの様に送れば良いか試行錯誤する年代だ。その試行錯誤の過程でトラブルに巻き込まれる可能性がある。

老後の人付き合いは「星の王子さま」に出てくるキツネのアプローチが良い!

シニアは、仕事が無くなると人生を徘徊し始める。一時的に生きて人生を楽しむ目標が見失うからだ。老化現状も伴って気が短くなる。ちょっとした事で意思の疎通が上手く行かなくなり口論になったりする。

人恋しさに色々な団体や趣味の会、スポーツクラブに参加すると色々なシニアと出会う事になる。人生を60年以上も送ってくると人の性格も癖が出てくる。一筋縄では理解しがたい言動や行動も起きる。同世代でないシニアであればあるほど出会うシニアの背景や価値観が違い過ぎる。

老後の人付き合いは、「星の王子さま」に出てくる狐のアプローチが良いと私は思っている。直ぐには気を許さない。時間をかけてその人の言動と行動を観察する。お金の使い方、酒癖、話題、考え方、言葉遣いなどからその方の人格を判断する。品性も見える。キツネは用心深い。老人は弱者であるので弱者なりの防御を構える必要がある。

特にお金の貸し借りには注意が必要だ。

一部の裕福な老人たちと違って、一般的なシニアが年金生活に入ると自由に使えるお金が限られる。お金の使い方が上手くコントロール出来ないシニアは、自然と金欠病になる。金欠病になると意志の弱い無責任な老人ほど友人、知人にお金を貸してくれと頼みだす。ここでお金を貸す相手の人格を見間違えるとお金の問題が起きやすくなる。

金欠病になった老人に一度お金を貸すと次も、次もと続く。貸さないと感情的になる。金のトラブルで命を落とす事件も発生する。老後のお付き合いでお金の貸し借りをするならば、最初から貸すというマインドではなく寄付するマインドの方が気が楽になる。貸す相手にもこれはあなたに対する寄付だ。返す必要はないと説明する。同時に、これが最後であるという事もだ。

もし、寄付した相手がお金を貸せしてくれたならば、信用に値する人になる。

用心深いキツネのアプローチは、要らないトラブルを寄せ付けない。相手のことを良く知ることと頻繁に顔を合わせてコミュニケーションする事で信頼の絆が育つ。当たり前の事なのだが、この世界は当たり前が当たり前でない世界だから困る。

同じ会社で働いていた同僚が出世して役員になると性格が変わる。信頼していた同僚が信頼できなくなる瞬間だ。自我の欲に目覚めた人は、自分の事しか考えなくなる。信頼関係が死ぬまで続くのはまれである。命を助けられた関係であれば、別だが。普通の人間関係は、ちょっとした変化で崩れやすい。

星の王子さまに出てくるキツネはそんな現実を味わっているのだろう。

この記事「トラブルに巻き込まれない老後の生活を送るには・・・」のポイントは、