夏は水分と塩分の補給にスイカが役に立つ - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

猛暑で体が暑くなる。体を冷やすには冷房が良いが、体の内部から冷やすにはスイカが良いのではないか。汗で失う水と塩分をスイカが補ってくれる。スイカに塩を巻けば味も良くなる。子供の頃からスイカは大好物である。昔の実家には、スイカ畑が有った。スイカを食べるたびに子供の頃を思い出す。

先日、実家を継いだ兄夫婦から家内の実家あてに小玉ひとりじめが6つ送ってきた。そのうちの2つを頂いた。普通のスイカと違って小さいが皮が薄く甘い味が濃い。朝食のデザートに小玉ひとりじめを夫婦で食べている。

kodama hitorijime watermelon

水分と塩分をスポーツドリンクで取るよりもスイカのほうが味わいがある

シニアになったら食生活をちょっと贅沢にしたい。夏の旬な食べ物としてスイカは老人に良い。体力が低下して食欲も落ちている時は、食べやすいスイカで水分と塩分を一度に取ることが出来る。甘い味が食欲をそそる。毎日スイカが食べられるならば、毎朝食べるほうが良い。そんな贅沢はできないと思う老人ならば、週1回か、2回は朝食のデザートにスイカを食べれば良い。

老人は自宅に居ても水分不足で熱中症になりやすい。熱中症対策の食べ物としてスイカは役に立つ。水分と塩分を意識しないで取得することが出来る。スイカを美味しくするために塩をスイカにふりかけるからだ。

スイカはスーパーで一切れで300円ぐらいする。ちょっと高いが、熱中症対策の食べ物として見れば買いやすくなる。これからスイカの価格は安くなる。生ものであるので買い貯めは出来ない。買ったらすぐに味わうのが体に良い。水分と塩分は自然な食べ物から取得するのが一番良い。それに味わいが付けばもっと良い。

私達夫婦は、小玉ひとりじめを4分の1に切って二日間で食べている。1日半分を二人で食べることになる。以前は大玉のスイカを買っていた。冷蔵庫に入らないので4分の1に切って冷蔵庫に入れていた。2、3日かけてスイカを食べ終えることになる。小玉ひとり占めは、サイズが小さいので半分に切れば冷蔵庫に収まる。食べる時に半分にしたスイカをまた半分にして食べる。サイズは小さいが大玉のスイカよりも味が濃い。

これからデラウェアのぶどうが多く出回り始める。ぶどうもスイカ同様に水分と甘みを楽しめる。夏は、スイカとぶどうがいい。それに、ナシが続く。シニアの水分補給は、果物が最適だ

スイカはその代表ではないか。水分量が100g中 89.6 g ある。

この記事「夏は水分と塩分の補給にスイカが役に立つ」のポイントは、

  • 暑い夏で熱中症になりそうな日々が続く。シニアは自宅でも熱中症になりやすい。十分な水分と塩分を取る必要がある。
  • スイカは、水分と塩分を一度に取ることが出来る。シニアにとって味わいながら食べられる夏の食べ物だ。
  • 毎日食べるには高い食べ物だが、水分豊富な果物を食べることでコストも調整できるのではないか。

goyat.biz