64歳から65歳以降の人生設計を考える:70歳までの5年間は貴重な時間 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

来年になれば、私も64歳の仲間入りだ。あっという間に65歳になってしまう。前期高齢者というラベルが貼られる年齢が65歳だ。初老という言葉が65歳になった時に相応しくなる。65歳からは、多くのシニアが雇い止めになる。日本の社会は、年齢による差別が社会構造として存在する。会社勤めをしているシニアにとって65歳の年齢は、最終宣告(もう、君は会社に必要ない人材だよ!)なのだ。

そんな事実を先輩たちから聞いている64歳のシニアたちは、今から怯えている。65歳まであと1年がある。この1年間のうちに次に何をするか方向性を決めておかないと飛行機から飛び降りるためのパラシュートが開かなくなる。

64歳のシニアの戸惑いは、59歳のときと類似だがもっと深刻だ。65歳という年齢は、60歳という年齢よりも再雇用先を遠ざける。仕事を自分で作るか、年金生活を選ぶか、二者選択になる。

64歳になるシニアは会社に頼らない自活の人生設計を作る必要がある

64歳時の人生設計は、真っ白で誰も教えてくれない。自分の足で真っ白なキャンパスに行く道を描いていかねばならない。人生の三分の二を過ぎた人間だからだ。自分で自分の人生を決めて一人で未開地を切り開くステージになっている。それが出来る社会的経験と知識を誰もが持っている。もう、新卒ではない。学校も会社も卒業している。

年金受給生活に入る65歳のシニアは、最低限の生活費を年金から得られる。足りないお金は、アルバイトやパートで補うしか無い。アルバイトもパートも年齢という時限爆弾を抱えている。年齢制限無しにアルバイトやパートで仕事ができない。他人に雇用される立場は非常に弱い。雇用者の都合でアルバイトやパートは首を切られる。

Be independent!(独立している)という言葉は、65歳で自分の人生計画をする上で重要な要素になる。

65歳からの5年間は、70歳以降の生活に大きく影響する。65歳のシニアは、体力も健康も維持できている。免疫力が急激に落ちてくる70歳に入っていないので病気を気にする必要がない。この5年間のうちに70歳以降の生活のリズムを作り込むことだ。年金を受給している環境は、自営で仕事をするリスクを和らげる。

ビジネスの立ち上げは、助走が長い。可能性があるビジネスの種を見つけて、売上が実際に立つまで金銭的な我慢と時間が求められる。年金受給者であれば、最低限の収入が年金から得られる。ビジネスを始める資本金があれば、助走期間を長くすることも出来る。

64歳のシニアは、65歳からの再就職先を期待してはいけない。

大勢の65歳の会社員が同じ目標で動き出すので狭き門である。再就職を期待しないで自分で起業することを考えたほうがチャンスは大きいし、やりがいも生まれる。それとも、65歳にして引退を覚悟するかだ。引退を受け入れても1年も持たないだろう。何かをしないと我慢できなくなるからだ。65歳という若さがそうさせる。

64歳からの1年間は、起業インターンを経験すべきだ。起業とはどういうことなのかを起業する若者たちと一緒に体験する。そんな体験ができる若者と一緒にビジネスを作ってみることだ。それが難しければ、副業に挑戦することである。副業で1円でも自分で稼ぐことができれば、後は、売上を上げるためにはどうしたら良いかを考えるだけだ。それが起業の種になる。

65から70歳までの5年間は、体力と気力が続く年齢だ。

70歳から起業すればもっと可能性があると考えているシニアならば、諦めたほうが良い。体が言うことを聞かなくなる。多くの自営業者が引退を考え始めるのは、70歳を迎えてからだ。体力と気力が続かなくなるからだ。70歳以降の生活は、50%仕事、50%遊びといった生活スタイルが楽しい。それが可能になるようなビジネス形態を65歳から70歳のうちに作り込んでおく。

体が資本なので70歳以降は無理をしてお金稼ぎをしないことだ。70歳代は、病魔に襲われるリスクが高い。仕事から引退するならば、70歳以降が理想だ。私は、生涯現役で仕事を続ける予定だ。仕事無しで余生を過ごせるとは思えないからだ。その代り、仕事=趣味になる。楽しい事をしながらお金を稼ぐ仕事だ。

64歳からの1年間は、仕事=趣味でお金を稼げるビジネスを考えると良い。

この記事「64歳から65歳以降の人生設計を考える:70歳までの5年間は貴重な時間」のポイントは、

  • 65歳からは、多くのシニアが雇い止めになる。日本の社会は、年齢による差別が社会構造として存在する。
  • 64歳時の人生設計は、真っ白で誰も教えてくれない。自分の足で真っ白なキャンパスに行く道を描いていかねばならない。
  • 64歳からの1年間は、仕事=趣味でお金を稼げるビジネスを考えると良い。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。