シニアは生命・医療保険に入るべきか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

insurance

全労済の生命保険に加入していたが、60歳になった時に生命保険の保証金が二束三文の金額になってしまった。つまり、60歳を過ぎた人の生命の価値はあまり保証の対象にないという事なのだ。

そこで、直ぐに全労済を解約した。病気で入院しても保証金が5日以降という時代遅れの保証であったのも気に入らなかった。生命保険の補償金額が今まで掛け捨て料金で良かったので今まで加入していた。その魅力がなくなった今全労済に入る価値がなくなった。

シニアにとって生命保険や医療保険は本当に必要なのか?

生命保険は、誰のためにあるかだ。自分のためでない事は確か。子供が大人になっていれば、自分たちで生きていけるので生命保険を子供たちのために入る必要はない。

あと、

伴侶(妻)にある程度残してあげる金融資産や固定資産があるならば、生命保険はいらない。この意味合いでは、貧乏人が妻のために入る保険なのかもしれない。でも、貧乏人が60歳の時に生命保険に入っても数百万ぐらいの保証で高い掛け金を支払う事になる。全く意味がない。

従って、私の結論は生命保険は入る必要がない!

一方で医療保険はどうだろうか。医療保険は、自分のため、家族の負担を和らげるために必要であると思う。自分がどのような病気になる可能性があるかがある程度予想できれば、その範囲中心で医療保険を考えれば良いだろう。

一つだけ疑問があるのは、私たちは既に医療保険に入っている。国民健康保険だ。毎月高い料金を支払っている。この上にまた民間の医療保険に入る必要があるのだろうか。

本来は入る必要はないと私は思う。何のための国民健康保険だとなる。人間は不安に弱い。入院すると差額ベッドでお金がかかるとか、 通院費が発生するとか、成人病で入院が長引くとか、色々な不安要素をアピールされると追加の医療保険に入った方がいいのかなあ!と影響される。

60歳時に医療保険に入る時に支払う月額料金は、だいたい4500円から8000円の間で入院時5000円が支払われる。保険会社はしきりに1万円が支払われる医療保険に入らせようとする。当然、月額の支払金額は1万円以上になる。

国民健康保険があり、ある程度の金融資産があるならば月額5000円で十分だろう。懐具合でこれは決めれば良いだろう。ほとんどが1回の入院期間が60日までとなっている。この入院期間が60日以上の医療保険が実に少ない。

なぜなのか?

本当に困るのは、長引く入院生活で発生する費用である。もしものためと考えた時に60日では足りないのでは?そのために特定の成人病だけに対象を絞った医療保険がある。無期限という条件(無期限が適用される内容と前提条件などを十分調べる必要がある。適用されない場合を聞く事だ)だそうだ。

実際にこのような保険でどれだけに人が助かっているのかのデータが知らされていないし、資料として提供されていない。たぶん、少ないのだろう。だから、このような無期限の保証が出来るのだろう。

さて、私はどうしようか。ベイシックな医療保険だけで後は国民健康保険に任せようと思っていたが、止めた。自分で自分のための医療費用貯金口座を開設(医療費を出すために貯める自分の銀行口座を作る)することにした

毎月5000円、月末にあたかも医療保険料を支払うように自分が開設した自分の医療費専用貯金銀行口座に入金する。5年以上、何も問題なければ30万円以上貯蓄される。多くの医療保険(掛け金5000円)は、入院した時に毎日5000円支払われる。これが60日間続く。合計で30万円。5年以内に入院することになったら、医療保険の方が得する。

私は、自分の医療費専用貯金銀行口座に毎月5000円を支払う事にした。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト