シニアが意識すべき生活の質QOL(Quality of Life)は自分の足から来る - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

シニアが意識すべき生活の質 QOL(Quality of Life)は4段階でやってくる。こんな段階だ。

  1. 自分の足で走れる生活
  2. 自分の足で歩ける生活
  3. 車椅子で動ける生活
  4. 自分で動けない生活

誰も長生きをすれば、この4つの生活の質QOL生活段階を体験する事になる。人生100年と見れば、自分の年齢が何歳になった時にどの生活の質QOL生活段階にいるかが分かる。足で走れる生活は、60歳代までだろう。70歳代は、足で歩ける生活だ。80歳代になれば、車いすでないと動けなくなる生活になる人が出てくる。90歳代になれば、自分で動けない生活になる。

自分の老後を楽しみたいならば、出来るだけ1と2の生活の質QOL生活段階を長くする方法を準備しなければならない。

走れる、歩ける生活を持続するためには・・・

足腰の筋肉を鍛え続けないと自分の足で動ける年齢が早くなる。老いて来ると歩けなくなる生活がやってくるという事実を60歳以上のシニアならば、自分の両親の健康状態から良く分かっている。今は、大丈夫だからこれからも大丈夫だろうと思っている人が多い。この意識が危ない!生活の質QOL生活は、気が付かないうちに悪化していっている。

定期的に体を動かす運動を行っているシニアならば、自分の体の運動能力について自覚があるはずだ。走ったり、歩いたりする上で疲れ方に異常が無ければ大丈夫だ。足腰を鍛え続けて衰えて行く足腰の筋肉を維持、成長させていれば心配する事は無い。

問題は、現時点で「走れないが、まだ歩ける」になっている高齢者たちだ。時間の問題で自分で歩けるから歩けない状態」になって行く。生活の質QOL生活は、足腰の状態が悪化していくうちに危機的な状態になる。

自分の足腰の状態を今知る必要がある。

公園で走ったり、スポーツセンターのランニングマシンでどれだけ走るか試してみる事だ。走ってみれば、足の筋力が弱体化して行っている事が自覚できる。走り始めても直ぐに止まってしまう高齢者は、危ない!足腰を意識して鍛える運動習慣を身に付ける必要がある。これをやらないと時間の問題で歩くのが辛くなる。

自分の体重で負担なく自由に動かせる足腰の筋力を維持しないと老後の生活の質QOL生活は楽しめない。これは確かだ。行きたい場所に自分の足で行けなくなるからだ。実に不自由な生活を送る事になる。

自分の足で歩ける生活が出来る年齢を長く維持できれば、普通の生活が出来る。

足腰が弱まっているという自覚があるシニアは、意識して日常生活の中に足腰を鍛える運動習慣を取り入れなければいけない。毎日外出しているならば、駅やデパートのエスカレーターを使わないで階段を使う事だ。ちょっとづつ、エスカレーターから階段を使う生活習慣を作り込んでいく。それだけでも足腰を知らないうちに鍛えられる。

週1回程度スポーツジムで足腰を鍛えるよりも毎日の生活で自然に足腰を使う方が楽である。出来れば、両方やった方がより効果が出る。足腰の筋肉をいじめる意識を持つことで足腰の筋肉が育っていく。散歩はプラスだが、足腰の筋肉に負担が多い散歩を意識して行うべきだ。生活の質QOL生活は、毎日少しづつやることで負担なく改善できる。

この記事「シニアが意識すべき生活の質 QOL(Quality of Life)は自分の足から来る」のポイントは、

  • シニアが意識すべき生活の質 QOL(Quality of Life)は4段階でやってくる。こんな段階だ。
  • 自分の足で走れる生活
  • 自分の足で歩ける生活
  • 車椅子で動ける生活
  • 自分で動けない生活

goyat.biz