65歳から新しい人生を始めると決める事から挑戦が始まる - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

65歳まで1年余りだ。65歳になったら少し今とは違う生活をやって見たい。今は、日々の生活費を稼ぐインターネットの仕事に励んでいる。65歳になれば、年金という収入が死ぬまで入ってくる。この年金収入だけで本来は生活が出来るようにしなければいけないのだが、今の生活水準を急激には下げられない。

生涯現役を目指している私であるので働けなくなる体になるまでお金を稼ぐ仕事を継続し、作り出すつもりだ。年金収入は、働けなくなった時の保険金になる。

65歳からは、収入面で精神的に気が楽になる。気が楽になるので新しい事に挑戦したい。今の生活リズムを100%変えるつもりはない。余裕が出来た時間で今まで経験した事が無い事を始めたいだけだ。

刺激がある老後生活

65歳は、前期高齢者という行政的なラベルが付く。高齢者と言う言葉の括りに自分が入る。体も高齢者の入り口に立つ。70歳になるまでの5年間を楽しく過ごすことに気を使いたい。

70歳までは、普通の生活が出来る体力がある。急激な体力の低下は、70歳以降のやってくるからだ。そのための対策は、週2回の筋トレと階段の一段飛びで準備している。普通の生活が続けられる体力を何歳まで維持できるかで老後生活は変わる。何をやるにしても体が資本である。お金がたくさん手元にあっても体が不調であれば、お金を使っても楽しめない。

老化現象は、気が付かないうちに突然現れるから怖い。

老後の生活で刺激が無いと体は刺激が無い体に適応してしまう。一度、体が刺激が少ない生活環境に慣れてしまうと活発に動き回る体に戻すことが非常に難しくなる。刺激が無い生活は、認知症を発症させるからだ。認知症対策として刺激がある老後の生活を目指したい

生活に変化をもたらすには、新しい事に挑戦するしかない。お金稼ぎ以外に自分の時間を投入できる経済的な余裕と時間が65歳から持てる。今からどんな挑戦をしようか構想を練っているところだ。

頭にある挑戦

  1. 筋トレ週2回を週3回に増やす
  2. 月に1回、展示会、セミナー、勉強会などのイベントに顔を出して知らない世界の情報を入手する
  3. 自分で作れる料理(おかず)を5つぐらいマスターする(好物な料理を優先)
  4. 65歳でも始められる新しいビジネスを試行錯誤でスタートアップ
  5. NHKドキュメント72時間で紹介された場所を訪問する

今の所、こんな事しか頭に浮かんでこない。今の仕事を続けながら始める新しい事であるのでどれか一つでも続けられればOKだ。ポイントは、65歳を記念して何か新しい事に挑戦するという事だからだ。

65歳は社会からご苦労様でしたという年齢だ。心残りが無い生活をすることに意義がある。自分で何が出来るかを考えて、自分の心が楽しめる事をやりたい。

この記事「65歳から新しい人生を始めると決める事から挑戦が始まる」のポイントは、

  • 65歳になったら少し今とは違う生活をやって見たい。
  • 70歳になるまでの5年間を楽しく過ごすことに気を使いたい。
  • 認知症対策として刺激がある老後の生活を目指したい

 

goyat.biz