野球帽、スーツ、そして、運動靴姿の老人ファッション - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

自宅をいつも午前9時頃に出る日が何度かある。そんな時に限って老人が私の前を歩いている。その姿が異様だ。野球帽、スーツ、そして、運動靴姿の老人だからだ。なぜ、こんなファッショになるかをいつも考えている。

その老人は、80歳を過ぎている感じがした。健康のために外出をしているのだなと思っている。70歳代の老人の外出時の姿は、ジャケット(または、ジャンバー)、リュック、運動靴が多い。スーツ姿を見つけるのは、稀だ。仕事をしている70歳代ならば、当然、ネクタイとスーツと革靴だ。

80歳を越えている老人はネクタイはしていない。仕事をしていない老人であることは確かだ。

野球帽(キャップ)、ネクタイ無しのスーツ姿、運動靴というファッション

80歳を過ぎた高齢者が運動靴を履くということは、十分に理解が出来る。一言で軽くて歩きやすいからだ。革靴は、重くて硬い。歩くことで疲れやすい老人は、軽くて歩きやすい運動靴を好む。運動靴で歩く生活習慣が身についていると革靴で歩くことに抵抗を感じるはずだ。

革靴では、長く歩けないという問題にぶつかる。

野球帽は、カジュアルな感じで外出を考えていたためではないかと思う。高齢者は、私と同様に髪の毛が薄くなる。丸坊主とは言わないが、頭の髪の毛が薄くなっているのを隠す意味合いで帽子があるのだと思う。今年の夏のように日差しがきついときは帽子が必須だ。生活習慣として外出時に帽子をかぶる老人が多い。

ネクタイ無しのスーツ姿は、ネクタイをするような外出ではないからだ。スーツ姿は、スーツが外出する時の普段着という感覚が80歳代の老人にあるのではないかと思う。それは、家内の義父92歳の外出する時の服装で分る。ネクタイなしスーツ姿で50m先のコンビニに出かけるからだ。

野球帽、ネクタイなしスーツ姿、運動靴の老人ファッションは、好んでそのようなファッションになっているのではないと感じる。必要だからそんなファッションになっているのだ。80歳過ぎの老人が気楽に外出する時に帽子なし、ネクタイありスーツ姿、革靴は、苦痛だ。

60歳代の私の世代であれば、帽子なし、ネクタイありスーツ姿、革靴ファッションは何も問題がない。身体的に不自由を感じていないからだ。60歳代はまだ社会とつながっているシニアである。働いている人が多い。ネクタイありスーツ姿と革靴は、当たり前の外出着になる。

老人の外出着に定番はないだろう。80歳を過ぎれば、ファッションを気にして体が疲れるのは嫌なはずだ。短時間の外出ならば、ちょっと頑張ってネクタイありスーツ姿と革靴、そして、野球帽でない帽子が可能ではないだろうか。外出は、老人にとって良い刺激を体と精神に与えるのでどんどん外出すべきだ。

公園などを夫婦で歩くならば、上下トレーナー姿が一番似合っている。ユニクロに行けば、上下トレーナーが2000円ぐらいで買える。街に外出するならば、ジャケットとスラックス、軽いカジュアルな靴でファッションを固めても良いだろう。

この記事「野球帽、スーツ、そして、運動靴姿の老人ファッション」のポイントは、

  • その姿が異様だ。野球帽、スーツ、そして、運動靴姿の老人だからだ。なぜ、こんなファッショになるかをいつも考えている。
  • 80歳過ぎの老人が気楽に外出する時に帽子なし、ネクタイありスーツ姿、革靴は、苦痛だ。
  • 老人の外出着に定番はないだろう。80歳を過ぎれば、ファッションを気にして体が疲れるのは嫌なはずだ。

 

goyat.biz