断捨離と物を使い切る暮らしが老後の生活に必要だ - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

自宅にある自分のものを見てもう二度と使わない物が多くあるのに気がつく。多くは、過去の産物だ。自分の思い出として自宅のスペースを埋めてそのスペースを有効活用できなくしている。仕事柄、コンピューター関連の道具(パソコン、HDD、コード、バッテリー、DVD、記録メディアなど)があまり出番が無いのに置かれている。機器自体は、まだ、使えるのでいつか使うだろうと思ってそのままになっている。

現実の話、10年前に買ったノートブックパソコンが今の私の仕事で使えない。まだ動くが使わないノートブックパソコンが2台ほどある。もしも時に使えるだろうと残しているのだが、多分、もしもの時は来ない。

私の家には、まだ使える、万が一の時に便利、捨てたらもったいない、あったら便利、まだ着れる、昔の思い出、二度と読むことがない本などの理由で置かれている、使われない物がたくさんある。

まだ63歳で肉体的に若いので生活上で何も不自由はない。昔ほど物欲はなくなったが、仕事で使う物には絶えず目が行って買いたくなる。夫婦二人の生活なのだが、自宅には独立した子供のものが置かれている。長男はすでに子供ができた。完全に独立した家庭になった。私が65歳になる前に長男や次男のものを片付けようと思っている。

勝手に捨てると怒られるから事前に子どもたちに期限を切って知らせることにする。私が65歳になったら、子どもたちの所有物は自動的に捨てることになるから自分の住まいに持ち帰るようにと。

終活に都合が良いシンプルな暮らし

92歳になる義父が住む一戸建て住宅は、もう、使わないもので溢れている。義母は、もう、自宅に帰って生活を続けるだけの脚力がない。とても92歳の義父を支えながら生活はできない。自宅にある義母のものは、一部のものを除いてほとんどリサイクルするか、捨てるしかない。普通の生活が出来る体ならば、まだ、使えるものがたくさんあるのだが年齢と体力面でそれが無理であることが明白である。

私達夫婦は、介護支援で義父の家に行った時に目に見えるものでもう使わないだろうものを義父に確認してリサイクルに出したり、捨てたりしている。それでも、たくさんのものが置かれて残っている。義両親が二人とも有料老人ホームに入るまでに出来る限り必要なものだけにしたいと思っている。

義父一人の生活で必要なものは限られている。義母のものは、本人が自宅に一時帰宅した時に確認を取ってどんどん捨てていくか、リサイクルに出すしかない。こんな状況を目の前にして自分たちの家をどうするかを今考えている。

自分の持ち物を点検する

自宅には、私の持ち物、妻の持ち物、子どもたちの持ち物、そして、生活で必要なものが置いてある。取り敢えず、自分のものを整理整頓しながら断舎離していくしかない。

  1. 本棚にある自分の書籍(思い出の書籍、読んで積んで置かれている本、出番がない本など)
  2. 整理ができていない仕事の書類
  3. もう、使わない靴
  4. 1年以上着ていない洋服、セーター、ズボンなど
  5. コンピューター機器類
  6. 物置に置かれているもの

私が断舎離するもので一番場所をとる物は、少ない。多くは、妻のものや子どもたちのものだろう。子どもたちのものをこの年末に整理して捨てて良いものは捨てることにする。それで自宅にスペースが作れる。子どもたちのものは、私達夫婦の生活ではもう使わないし、必要でないものが多い。

断捨離は出来るところからやるに限る。

過去を捨てて今を生きる

断捨離をする時によく聞くことは、

  1. 今使っているものと使っていないものを区別する
  2. 1年以上使っていないものを識別する
  3. 万が一の時にどうしても必要になるものを識別する
  4. 自分たち夫婦に関係ない過去のものを識別する
  5. 自分たちの過去の産物でどうしても持ち続けたいものを識別する

断捨離は思い切りが必要だ。過去のものほど、思い切りで捨てる必要がある。過去の思い出だけで置かれているものの出番はもうないに等しい。断捨離は、自分の過去を捨てて今を生きる物だけにする手段である。老いれば老いるほど使わなくなるものが増えてくる。今使っていても使えなくなる、使わなくなるものがどうしても生まれてくる。

例えば、

会社員時代によく着たスーツなどは、もう、毎日着る出番がなくなっている。スーツよりもジャケットの出番が多くなっている。スーツは、仕事で使えるうちに使い切るしかない。新しくスーツを作るなんてことはしない。今頻繁に使っているもの中心に考えて生活に必要なものだけにする。

今あるものを消費するライフスタイルを始める

この11月からできるだけ外出する時は、スーツを着て仕事に出かけることにしている。スーツを着てスタバに出勤するのは別に可笑しくないが、必須でもない。3シーズンもののスーツが独立してからあまり使っていないのだ。60歳代はまだ若いのでスーツを着る機会がある。スーツを着れる機会があるうちにできるだけ頻繁に着ることでスーツを着潰したい。

あと、10年したらもうスーツを着ることがあるか、ないかの生活になるかもしれない。認知症になれば、スーツとは完全にお別れになる。使える時に使ってやらないとスーツに申し訳ない。普通の生活が出来る肉体があれば、スーツを活かせる。それができなくなったら宝の持ち腐れで終わる。

頻繁に着る下着、ワイシャツ、靴下などは自然と消耗されて行く。そのため、買い換える必要が生まれる。スーツ、ジャケット、コートなどは消耗され難い。

それ故、

使える時に使って消耗する機会を増やすしかない。

革靴も同様な運命にある。会社員時代に何足も高価な革靴を使っていたが、独立してお客さんと会う必要がないビジネスのなると革靴を履いて仕事をする必要がなくなる。スポーツシューズで十分になる。当然、革靴を履く機会は少なくなる。革靴は、靴の踵を替えるだけで長年使える。寿命は長い。

スーツと革靴は、使える時に頻繁に使わないと消耗できなくなる。今、スーツと革靴を使い潰すことを意識して使っている。もう、革靴を新しく買うことはないだろう。

横浜の街中を歩いている老人たちの靴を見てみれば、革靴の出番はなくなっているのが直ぐに分かる。

この記事「断捨離と物を使い切る暮らしが老後の生活に必要だ」のポイントは、

  • 自宅にある自分のものを見てもう二度と使わない物が多くあるのに気がつく。多くは、過去の産物だ。
  • 私の家には、まだ使える、万が一の時に便利、捨てたらもったいない、あったら便利、まだ着れる、昔の思い出、二度と読むことがない本などの理由で置かれている、使われない物がたくさんある。
  • 断捨離は、自分の過去を捨てて今を生きる物だけにする手段である。老いれば老いるほど使わなくなるものが増えてくる。