Quoraという米国版知識共有サービスで認知症予防と小遣い稼ぎが同時に出来る。 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

Quora(くおら) にアクセスすると下記のような画面になる。 

 quora-top

初めての方は、こちらで登録する必要がある。登録後にMy Quoraのページで色々な質問と回答を参照できるようになる。質問があるときは、このページで質問をする。

シニアにとってQuoraは認知症予防になる

QuoraはYahooジャパンの知恵袋サービスと類似である。誰かが質問してその質問に回答できる登録会員が答えるというシンプルなサービスである。

時間があるシニアは知的な遊びとしてQuoraを使えば良い。知的な遊びとは、今までの人生経験や知識から色々な方からの質問に答えることで脳を活性化出来る。質問の回答を考えて、パソコンのキーボードで指を動かして回答するだけで脳は刺激される。

脳と指を同時に使うことで脳を刺激する。質問に答えるだけでも面白い。自分が質問をして多くの方の意見や回答を得ることも出来る。頂いた回答に対して返答したり、評価したりする。そこに一種のコミュニケーションが生まれる。知らない人との出会いも生まれる。

Quoraのサービスとは?

下記の説明は、Quoraヘルプで書かれている内容である。

Quoraは、シリコンバレー発の知識共有Q&Aプラットフォームです。Quoraを使い、質問しあったり、貴重な回答を読むことができます。

2010年にリリースされた英語版は、以下のような影響力がある方々もユーザーとなっており、現在月間ユニークビジター数は2億人以上に上っています。

米国元大統領:バラク・オバマ氏
カナダ首相:ジャスティン・トルドー氏
Facebook COO:シェリル・サンドバーグ 氏
Wikipedia創始者:ジミー・ウェールズ 氏

以下、Quoraの使い方をご覧になり、是非Quoraを使ってみてください!

■ Quoraの使い方 - 3ステップ - ■

Step 1 : プロフィールを作成する
- プロフィールページで追加すべき6項目
- プロフィール作成方法
Step 2 : 質問する
- 質問をする方法
- 匿名で質問をする方法
- 回答リクエストをする方法
- 特定のユーザーに質問をする方法
Step 3 : 回答する
- 回答をする方法
- 匿名で回答をする方法
※Quoraは携帯でもお使い頂くことができます。

Youtubeでも下記のように紹介動画がアップされている。

quora screen Edited

Quoraをシニアはどう使うべきか?

63歳の私は、2つの目的のためにQuoraを使っている。

  1. 色々な人の考え方や知識を得る
  2. 小遣い稼ぎ以上の収入が見込めるかどうかの検証

Quora日本語版は最近リリースされたためまだ日本人の参加人数が少ないようだ。インターネットサービスは、先に経験をしてそこからビジネスチャンスを掴む。それがコツである。彼らのビジネスモデルは、法人企業からの広告収益である。

Quoraで小遣い稼ぎが出来るが金額は期待しないこと!

Quoraに登録して質問に回答したり、質問を書いたりしているとQuoraからパートナーシップの招待メールが届くパートナーシップの招待を受けて、手続きをすると質問することで小遣い稼ぎが出来るようになる。良い質問をして多くの閲覧数を稼ぐとその数によって報酬が提供される。

Quoraに広告を出す法人企業は、Quoraパートナーが書いた質問に関連する広告を出すことで広告効果を得ることになる仕組みである。

パートナーの収益は、過去に書いた質問の累積的な閲覧で徐々に収益が増えていく感じである。先行して始まったQuoraのパートナーで1ヶ月に60万円近くの収益を得た方が存在する。日本では、まだ、そこまで到達しているパートナーはいないようだ。

いつ、Quoraのパートナーの招待メールが届くか参加続けてみないと分からない。どのぐらい月に稼げるかもやってみないと分からないというのが日本での現状である。

シニアは、時間を味方にすることで認知症予防と小遣い稼ぎが同時に出来る。それがシニアにとってのQuoraの使い方ではないかと思う。

この記事「Quoraという米国版知識の学び場がシニアにとって刺激と面白さがある」のポイントは、

  • Quoraはシニアにとって認知症予防と小遣い稼ぎが同時に出来る米国版知恵袋サービスである。
  • 色々な人の考え方や知識を共有でき、自分が疑問に思っていることを質問できるのがメリットだ。
  • 日本語版は最近リリースされたので日本人のユーザーを増やそうとしている。シニアはこの機会に小遣い稼ぎをここでやってみてはどうか。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。