結婚していない人の老後はどうなるのだろうか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

結婚をしない人、結婚できなかった人の老後はどうなるのだろうか。人生100年になる現代、長生きをすると知人や親せきが先に消えていく。結婚して子供がいて、孫がいれば、自分の最期を看取ってくれる家族がいる。結婚しないで年寄りになって行く人は、自分の老後をどうしようとしているのだろうか。

そんな疑問が義母の介護をしている時に頭に浮かんでくる。義母は、恵まれている。子供、孫、ひ孫までいる。彼女の最期を看取ってくれる家族が大勢いる。

自分の子孫がいないと老後は寂しいかも?

私の次男が義母のお見舞いに何度も行ってくれている。孫の訪問は、年老いた老夫婦に幸せ感を与えている。若い人たちとの接点がほとんどない老後の生活は、面白くないし、寂しい。私たち夫婦は若いとは言えない。一世代若い孫たちは、祖母祖父たちに若さというエネルギーを与えてくれる。

時間とともに義母はこの世界を旅立つ。あとに残った義父は、一人で生活を始める事になる。それに耐えられるかどうかわからない。自分で身の回りの世話が出来るかどうかだ。介護ヘルパーによる生活支援サービスはお願いすることになるだろう。

私たちが出来る事は、週に1回様子を見に顔を出して話し相手になることだ。別に病気ではないが、91歳という高齢で一人住まいというのはなんか厳しい感じがする。とか言って、私たち夫婦が何度も顔を出すことは物理的に無理がある。

孫たちはすでに社会人になって東京で働いている。月に1回ぐらいは、義父に会いに来られるだろう。神戸の長男夫婦も月に1回ほど顔を出すことは可能だ。私たち夫婦、長男夫婦、3人の孫たちで義父の寂しさを紛らわす事が出来るかもしれない。

結婚していないで年寄りになった人たちは、こんな機会に恵まれない事は確かだ。地域に根を張って顔見知りの知人が大勢いれば、一人で生活をしていても寂しさはそれほど感じないかもしれない。誰もが社交的な老人ではないので孤立してしまう老人も多いだろう。

結婚しない若い人たち、出会いを積極的に求めない若い人たちは、老後の生活がどうなるのかを想像してみる必要がある。私を含めて若い時は、老後の事なんか考えない人が多い。遠い先の話なのだが、自分の子孫を作れるタイミングを逸すると老後に待ち受けるのは孤独だ。

子孫を残して子供や孫の助けで孤独な生活を楽しい生活にしたいものだ。赤の他人よりも血がつながった家族が一番良い。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。