突然の豪雨や雪の日に防水ジャケットがリュックに入っていれば助かる - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

ちょうど今頃だ。雨が急に降り出して傘を持参していない外出時にいつも頭に浮かぶ事がある。少しぐらいの雨に降られても洋服が濡れない防水ジャケットが欲しいと。それも、かさ張るようなジャケットでなく、軽くてリュックに突っ込んでも気にならないジャケットだ。

簡易的なビニール製の雨具ではない。普通に着てもおかしくないジャケットである。そんな防水機能があるジャケットを探したのだが、見つからない。最初は、ユニクロにあるのではと探したのだが、安かろう悪かろうの製品しかなかったので一時探すのを止めた。

秋から冬にかけて雨と雪が降り出す。そんな時に活躍するのが軽い防水ジャケットである。ジャケットの下にセーターを着ていれば暖が取れる。ジャケットが軽くてかさばらなければいつでもリュックに入れて持ち歩ける。豪雨が降った時、折り畳み傘であると傘が小さいためどうしても洋服が濡れてしまう。

そんな時、防水ジャケットがリュックに入っていると安心だ。私がイメージしているのは、こんな製品だ。North Faceドットショットジャケットである。

dot shot jacket

日常生活で気楽に着れる防水ジャケット:高齢者には必要だ!

アマゾンの商品ページの説明:

商品紹介

アウトドア用防水ハードシェルの定番・ドットショット。素材には軽量なハイベント(R)2.5層を採用しており、非常に軽量かつしなやかな着心地が特徴です。冷気を遮断しながら、高い防水透湿性も確保するスペックは、日帰り低山や富士山、また高原キャンプでの天候や気温の急変にも対応することができます。厚手のミドルレイヤーと合わせられるややゆとりのある形状で、オールシーズンで活躍します。(引用先:アマゾン North Face Dot Shot Jacket

仕事着としてドットショットジャケットのような防水ジャケットが必要だと思っている。私は、11月下旬のブラックフライデーセールで価格が下がるのを待っている。平成30年11月7日の時点で、価格は1万9440円(税込み、送料無料)サイズXL、色:コズミックブルーである。この価格がブラックフライデーセールスでもっと下がる時に購入予定である。

この冬は暖冬のようだ。多分、雨が降る日が多くなると予想している。軽い折りたたみ傘と防水ジャケットをリュックサックの中に入れておけば、急な豪雨や雪にあっても安心して帰宅が出来る。

私は、いつも、最寄りの駅から自宅まで歩いて20分かかる丘の上に住んでいる。距離にして1.7kmぐらいある。雨具がないと確実に雨でずぶ濡れ状態になる。豪雨のときは、風がきつくなるので折りたたみ傘では役に立たなくなる。防水ジャケットさえ有れば、両手が空く。上半身が雨に濡れなければあまり気にならない。

シニアが傘をさして雨の日を歩くのは危険だ。できるだけ、両手を開けておいたほうが転倒したり、滑ったりした時に手で支えられる。そんな意味で軽い折りたたみができる防水ジャケットは有益だ。

横浜の街中で多くの老人がリュックを背負って歩き回っている。リュックの中に雨具が入っている老人が何人いるだろうか。天気予報で雨が降らないと信じて外出しても外れる場合が多い。傘を持ち歩くよりも防水ジャケットをリュックの中に突っ込んでおけばそれが一番便利だ。 

この記事「突然の豪雨や雪の日に防水ジャケットがリュックに入っていれば助かる」のポイントは、

  • 普通の雨具はかさ張る。簡易的なビニールの雨具は役に立たない。日常生活で気楽に着られる防水ジャケットが一番良い。
  • 私はブラックフライデーセールで価格が下がると願っているNorth Faceのドットショットジャケットを買う予定でいる。仕事で毎日外出していると時々傘を忘れて外出して、しまったとなる。防水ジャケットがリュックに有れば、傘を忘れても安心だ。

 

goyat.biz