USB Type-CからHDMIへ出力するケーブル(パソコン画面を大型テレビに映す) - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

 hdmi1

3月に私が参加している経営勉強会でプレゼンテーションすることになった。Chromebookを使っているのでプロジェクターに投影するケーブルが必要になった。ChromebookはHDMI端子のインターフェイスがないためType-C端子につなげるHDMIケーブルを買うことになった。それがこの画像である。

Chromebook(USB Type-C)やスマホでプレゼンするケーブル

USB Type-CインターフェイスがあるスマホならばこのHDMI変換ケーブルを使えば大きなモニターやプロジェクターに繋げられる。今回は、Chromebookから大型モニターにホームページとPower Point資料を表示するために使う。

Type-C --->HDMI出力ケーブルがあれば大画面でウエブを表示

HDMI type c

このType-CからHDMI変換ケーブルは、アマゾンで¥1,899で購入した。このケーブルがあれば、HDMI端子がある大型テレビ、大型モニター、プロジェクターにChromebook(USB Type-C)の画面を映し出せる。Windows PCやMac Bookでも使える。さらに、USB Type-Cのスマホで使えてしまう。

一般家庭にある大型液晶テレビにパソコンの画面や写真などを映したい時に非常に便利なケーブルである。パソコンに貯めてある沢山のデジタル写真を家族、知人、親戚などに見せたい時に役に立つ。一つこのケーブルを持っているとスマホで写した写真をすぐに大型液晶テレビの画面に投射できる。

最新の大型液晶テレビには、HDMI端子がついている。シニアがスマホで写した写真を確認する上でも効果がある。

ミラーモードと拡張モード

mirror mode

通常のノートパソコン(Windows、Mac、Chromebook)であれば、ミラーモードと拡張モード機能が備わっている。同様にスマホにもその機能がある。

ミラーモード:

ノートパソコンの画面に表示されている画像と同じ画面を大型モニターやプロジェクターに映し出す。プレゼンテーションでよく使う機能である。パソコンの画面と同じ画面を表示できるのでプレゼンテーションがパソコン画面を見ながら出来る。

拡張モード:

拡張モードは、仕事で別モニターに他の情報を映し出しながら作業をする時に使う。ノートパソコンの画面と延長画面を別モニターに映し出すことになる。例えば、ノートパソコンの画面にWordなどのドキュメント画面を出しながら文章を作成する。文章を作成する時に参照したいホームページを別モニターの画面で表示させる。顔を別モニターに向けるだけで参照したい情報を見ることが出来る。

沢山のウエブページを参照しながら記事を書く時に大きなモニターが別にあると作業が効率良くなる。一つのパソコンで2つのモニター画面を独立して使える環境が作れる。

スマホを仕事の道具にしたければ・・・

営業先で自社製品の説明を事前に用意したPDFファイルをスマホに置いておき、客先の大型液晶テレビやモニターにこのケーブルをつなげてPDFファイルを映し出せる。重いノートパソコンを持ち運びながら営業をする必要もなくなる。必要な資料がクラウドサーバーに置いておけば必要な時にスマホやパソコンにダウンロードして大型液晶テレビやモニターに投影できる。

このUSB Type-C HDMI変換ケーブルを常時携帯していれば、イザという時に慌てる必要がない。小さい画面のスマホでお客さんに見せながら説明するのは無理である。

私は、仕事柄プロジェクターや大型モニターに事前に作成した資料や写真を見せる時がある。今までは、Windowsノートパソコンでやっていたが、仕事用のパソコンをChromebookにしたためこのケーブルが必要になった。

今朝もお遊びで自宅にある大型液晶テレビにこのケーブルを差し込んでChromebookの画面とデジタル写真を映し出していた。YouTube動画も大画面のテレビで見れる。テレビのリモートコントロールでは、YouTube動画を簡単に検索が出来ない。ノートパソコンであれば簡単に検索が出来る。

取り敢えず、今回は経営勉強会でこのケーブルを使ってプロジェクターに投射してプレゼンテーションする事に使う。

私のようなニーズがあるシニアにはオススメなケーブルである。

この記事「USB Type-CからHDMIへ出力するケーブル(パソコン画面を大型テレビに映す)」のポイントは、

  • USB Type-Cしかないノートパソコン、スマホ、ChromebookからHDMI端子があるプロジェクター、大型液晶テレビ、大型モニターにパソコンの画面を映し出すニーズがある人に役に立つケーブル。
  • スマホで写したデジタル写真などを家族、親戚、知人、友人に見せる時、大型液晶テレビとこのケーブルがあれば皆が大きな画面で写真を楽しめるようになる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。