寿命を延ばしたいならば毎日筋肉を鍛える事! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

shoot the moon 寿命を延ばしたいならば

70歳を過ぎると70歳まで生きたという幸運の喜びを味わえる。さらに、80歳まで生きたいという欲望が生まれる。知人、友人の中には70歳まで生きられなくて他界している人がいる。自分はまだ生きている。この事実が健康への意識を強める

自分の寿命を延ばしたい!

心臓は筋肉の塊である。筋肉が衰えると血液を出す力も衰えて血液の流れが悪くなる。体を作って動かしている筋肉が衰えると自分の体を自由に動かす事が不自由になる。典型的な事例が、歩くための「足」である。70歳を過ぎると仲間の知人の中では杖や車椅子に頼らなければならなくなるほど「足の筋肉」が衰えてしまう。

足は第二の心臓と言われるのは、足の筋肉が血液を下半身から上半身にあげる役割をしているからだ。 歳を取ったら散歩をして歩きなさいという理由の背景がこれである。

筋肉は、歳と共に衰えていく。何もしなければの話だが。意識的に筋肉を刺激して筋肉の活性化を促すと筋肉はそれに答えてくれるかのように筋肉を強くしてくれる。新陳代謝を促して新しい細胞をどんどん作ってくれる。私たちの体は、毎日新しい細胞が死んで再生されていく。歳を取るとこの機能が衰える。新陳代謝だ。

筋肉を活性化させると寿命を延ばすホルモンが出てくるという発見があった!

詳しくは上記リンク先のTBS「夢の扉」プラスの過去番組を見て頂ければその理由が分かるだろう。

ポイントは、この事実を知っても頭で理解しても行動に移すシニアがどれだけいるかだろう。自分の意志で定期的に筋肉を鍛える習慣が無い人が多いのでは。 1日10分間、ちょっと汗ばむ運動を毎日出来るかとあなたに聞いたならば、どう答えるだろうか。私でも直ぐに続けられるかなあ?と疑問符が頭に浮かぶ。

一つ、自分の筋力テストをしてもらいたい!

台所にある(何処の椅子でもかまわない)椅子に座って(腰掛けて)勢いを加えずに片足で立ち上がって頂きたい!60歳の方でも70歳の方でもこれが出来る人は足の筋肉の面では大丈夫の範囲である、むしろ、優秀ではないかと私は思っている。

普通の使い方では足の筋力は年齢と共に衰えていく。これを防ぐには、意図的に足の筋肉に負荷をかけた運動をするしかない!

取り敢えず、私は以下の筋肉運動を開始する事にした。

  1. 朝と夜、歯を洗面所で磨く時に足のふくらはぎの筋肉と体幹の筋肉を鍛えるためにつま先立ちになって歯磨きをする。
  2. 自宅に3キロのダンベルが二つあったので上腕二頭筋を鍛えるダンベルカールを帰宅したら10回3セットする。

最初は、無理をしないでやれるところまでやる。ただし、継続する事だけに集中! それだけだ。無理をして続かなかったら元の子もない。習慣付けが最初の目的だ。

3日出来たら、1週間できる。1週間できたら、1ヶ月出来るはずだ。この調子で習慣づけたい。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト