シニアの糖尿病改善を増税になる砂糖税で健康になるか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

cake of the day

最近、政府は砂糖税の導入を検討しているようだ。砂糖を沢山食べないようにするための抑止対策という理由で。砂糖は多くの食べ物に必要不可欠の材料だ。多くの人が砂糖をスーパーなどで購入する。消費税に砂糖税が追加されたら物価は必然的に上がる。

砂糖を使わないで生活は出来ない。砂糖税が実施されたら、どんな生活になるだろうか。

糖尿病対策って言うのは詭弁だ!

砂糖だけが糖尿病に直接関係しているわけではない。糖質を作り出すのはご飯やパンなどの炭水化物だ。糖尿病患者は、食事療法で病気を改善しようとしている。出来るだけご飯類を食べないで野菜中心、魚中心でバランス良いカロリーで食事をしている。

砂糖だけが糖質を作り出していない。

多くの食べ物に使われている砂糖は、政府の税収入を急増させる。お金がある人たちだけが甘い食べ物を食べられる時代になる。戦時中の砂糖だ。

一般大衆だけでなく飲食ビジネスでも負担が増す事は確かである。

たぶん、砂糖税は余程の理由が無い限り大衆の賛同を得られないと思う。あまりにもインパクトが大きすぎる。砂糖以外で甘みを出すビジネス業界が潤う。本当にそれで良いのだろうか。

日本の砂糖に関する資料

現在、砂糖は価格調整をされている。輸入関税を課してその資金で国内生産の砂糖価格を下げている。これに砂糖税を追加するなんて一体どういう事なのか。今後の動向を見たい。

甘い物は贅沢品という時代が到来するのだろうか。シニアの生活にどう影響するのだろうか。大好きなケーキ類などは、バター不足で値上げが続いている。ケーキの価格はうなぎ登りに高くなるだろう。

甘い物を取り過ぎると糖尿病にかかるという論理は分かるが、砂糖だけがその要因ではない事も確かである。健康は、バランスの良い食事と適度な運動で保たれる。税収入を増やすための材料に砂糖を使わないでほしい。

税収入を増やしたければ、裕福な人たちから裕福税なる物を作って課税すれば良い。昔のように高収入の人は、所得税を最高70%にしてみたらどうだ。所得格差が大きくなりすぎている。年収2000万円以上は全て70%の所得税にする。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。