壊れているシニア:なぜ、あんな行動をするのか? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

questions post its

80歳前後のシニアが歩いている。突然、道路を渡ろうとする。歩道から離れて道路の脇まで出て信号機を見ようともしない。よろよろと道路を渡り始める。自動車は、急ブレーキをかける。ご本人は、そんなことなどを何も意識していない様子。

歩道があるのに歩道を歩かない。道路を歩き出す。普通の人ならば、こんな事をしないはず。信号機と横断歩道が近くにあるのにそれを交通ルールに従って利用しない。こんな状況を何度も目撃している。まだ、これで交通事故に発展した現場に遭遇していない。

75歳から80歳以降のシニアは体のどこかが壊れ始めているのでは?

交差点に横断歩道と信号機がある。周りには信号が変るのを待っている人たちが大勢いる。なのに、信号機も見ないで堂々と交差点を渡り始める老人がいる。

私だけが、あっ、危ない!と思っていただろうか。 周りの人を見たら、その老人を見つめていた。自動車は、その老人の近くを迂回しながら交差点を走り出す。

その老人は、視覚障害や認知障害などがあるのだろうか。それとも、交通ルールなんて関係ないと思っているのだろうか。トボトボと危なっかしい歩き方で交差点を歩いて行く。

老いると知覚機能が低下するという。私自身、緑内障で右目の半分近くが白くなって視野の障害を持つ。左目も緑内障の症状が出てきてしまっている。あと、20年ぐらいで・・・・危ないかもしれない。早く、IPS細胞で緑内障の治療が出来る時代になってほしいと願っている。

シニアの歩き方には、力強さが見えない!

もちろん、個人差はある。いつも、体を使って動いている人は普通の人と変らない歩き方をする。筋力が低下する年齢に近づくと知らないうちに足の力が低下していくようだ。意識して大股で歩く必要が出てくる。歩くスピードも遅くなる。若い人に追い越される事が目立ち始める。

シニアが運転する自動車が前を走っている場合は、意識的に距離を置いて自動車を運転している。私も一応シニアだがまだ入り口だ。体力があり、感覚面で鈍感にはなっていない。

痴呆症になって徘徊している老人であるならば、これらの現象は理解できる。そうでない老人があからさまに信号無視で道路を渡るのは本当に理解しがたい。老いると先を急いでしまう傾向が強くなるのだろうか。

歳老いて行くシニアは、身の安全を自覚しながら確保する事を常に意識する必要がある。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。