健康で元気なシニアならばお金も稼げるし生活も楽しめる - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

peep

歳を取れば取るほど健康寿命が一番重要になってくる。どんなにお金や資産があっても健康でなければお金を使って余生を楽しめない。介護施設で生きているだけの人生なんてつまらない!

シニアが求めるのは、健康な体である。 体が普通に機能して普通の生活が送れることだ。上の写真を見て、性欲を感じる感覚がある男性ならば正常だ。性欲を感じなかったら、性欲本能が低下してきている証拠である。若さは子孫を作れる力にある。

体が資本だ!

歳を取ればどうしても体の機能が衰えてくる。緑内障にかかって20年以上がたつ。緑内障はまだ治せない。視野が狭くなる速度を遅らせるだけだ。視野が狭くなると歩くときに不便を感じるようになる。私の場合は、右目上半分が見えなくなっている。左目の一部も緑内障に感染している。

目が完全に見えなくなる前に緑内障を治せる治療方法が生まれると嬉しい。緑内障は歳を取ってくれば発症する確率が高まる。特にスマホやパソコンを常時見ている人ほど緑内障にかかりやすい。

体の機能が全て正常な人はシニアにいないだろう。どこか機能低下が起きている。持病を誰もが持っている。今は大丈夫かもしれないが歳を取るにつれて浮かび上がってくる。老人の体は、時間共に壊れていく

若さを維持するには成長ホルモンを促し、免疫力を高めるしかない。体の筋肉を鍛えると成長ホルモンの分泌を増やし、同時に免疫力を高める。そんな仕組みが私たちの体に備わっている。誰もがそれを意識して運動をしていない。シニアはこれを意識して失われていく筋力を補う筋肉運動をする必要がある。

どんなに貧乏な生活を強いられても健康な体があり、元気であればお金を稼げる。人が嫌がる介護の仕事はお金に困っているシニアにとって働く機会になる。圧倒的に介護の仕事は人材不足だからだ。元気で普通の生活ができる体であれば、介護の仕事でお金を稼げる。

足りない年金を介護の仕事で補えば良い。フルタイムではなくパートタイムで働けばそれほど負担が大きくないだろう。体が動けば、働く仕事は見つかる。

そのためにも自分の健康寿命を延ばす工夫が必要だ。体さえ大丈夫ならば、残りの人生を楽しめるし他の人に迷惑をかけないで生活ができる。

70歳を越えているシニアは、年金の足しになるパートタイムの仕事を自分の生活のリズムに取り込むと良い。体を動かして社会に繋がる生活だ。少しでもお金が入ってくれば、自活ができる。

私たち人間は、働く事で生活のバランスを取っている。何もしないで毎日が日曜日の生活は、精神的に苦痛になり健康寿命を短くする。自分を社会のために使う為には、どうしたらい良いかを考えよう。70歳を越えたシニアは遊んでいる人が多いはずだ。

ボランティアでも良い。自分で動くことをする。介護施設では、ボランティアの話し相手を募集している。老人の話し相手になる事で精神的なストレスを解消できる。お金を稼げれば良いが、それだけに固守していると自分の健康寿命が短くなる。体を動かして頭を使って社会の一員として活動する。それをすることだけでも健康寿命は伸びる。

若い人たちと同じ仕事はできないが、脇役の仕事はシニアでも十分できる

自分の体を鍛えよう。体さえ鍛えて健康ならば、社会が要求する活動について行ける。普通の生活が自分で送れる事が、健康寿命を維持する前提条件だ。足を動かす筋肉は最も鍛えるべき筋肉だ。動くために必要な足。動けなくなると本当の老人になる。

寝たきり老人で死んでいくのを待つ。そんな人生はもっと先にしたいと思うのは私だけではないだろう。動物も同じだ。動けなくなった動物はそのまま死に直行する。 

元気で健康な生活を維持するために体を意識的に鍛えよう!使っていない筋肉を鍛えて成長ホルモンの分泌を高めよう。それに尽きる。