新陳代謝を改善するふくらはぎマッサージの方法 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

furahagi massage

ふくらはぎを鍛えると健康になると言われる。ふくらはぎは下半身の心臓だ。第二の心臓とも言われている。重力で血液が下半身に溜まりやすい。溜まった血液を上半身に上げるポンプの役割をふくらはぎがしている。体の健康は、新鮮な血液が支障なく循環しているか、していないかで変わる。高齢者は特に血液の流れが悪くなる。運動不足になるからだ。

ふくらはぎの運動後に行うマッサージは重要だ!

私は、今年から足のふくらはぎを意識的に鍛える運動を毎日行う事にした。その理由は、免疫力を強めたいからだ。血液の流れが悪くなると免疫力も弱くなる。夫婦で長時間歩く時、足が疲れやすい。そんなときに自分で出来るふくらはぎのマッサージ方法を探していた。下記の動画を参考にしたい。全てをやる必要はないと思う。マッサージのやり方を覚えて習慣づければ私のニーズは満たされるからだ。

長時間歩いた時に足の疲れを取る方法として、この動画の一番最初に紹介されているマッサージ方法が簡単だ。これなら、どこかに座って直ぐに出来るし、誰にでも簡単に実行できるやり方だ。

指圧のプロではないので基本的に「痛いが気持ちよい」という程度でマッサージをやると良い。もし、動画で紹介しているやり方全てをやれるならば其れが一番だと思う。私は、そこまで継続的にやれるとは思えないので最初のマッサージ方法だけで足の疲れを癒やし、血液の流れを良くしたいと思っている。

私のふくらはぎ運動は、毎朝、電車が来る待ち時間に「つま先立ち」をやっている。つま先立ち運動はどこでも、いつでも、誰にでも簡単にできる運動だ。ポイントは、毎日続けられるかどうかだ。多くの人は、私を含めて三日坊主になりがちだ。これを防ぐために最初は無理をせず毎日行うという習慣付けに集中する。

毎日行うとふくろはぎの筋肉が疲労する。その時、お役に立つのがこのふくらはぎマッサージ方法だ。いつでも、どこでも、座って出来るのが良い。

筋肉を鍛えるとどうしても筋肉疲労になりやすい。筋肉に凝りが出来て血液の流れを悪くして体の調子を狂わせる。私は、1ヶ月か2ヶ月毎にマッサージサロンで凝りをほぐしてもらっている。自分で出来るならば、自分でマッサージをする方が良い。ふくらはぎマッサージならば、自分でできる。

ふくらはぎのマッサージと運動を続けるとこんな効果が体に表れるという。 

新陳代謝が15%ぐらい向上し、脂肪を燃焼してくれるという。世間では、ダイエット方法としてふくらはぎマッサージを勧めている。マッサージだけでは効果が半減するので運動をするのが一番良い。つま先立ち運動はお勧めだ。

goyat.biz