前立腺がんと射精頻度 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

coffee

歳を取り始めると前立腺がんの検査が始まる。人間ドックに行くと横浜市では無料で前立腺がん検査をしてくれる。50歳以上になると前立腺がんの発症率が高まるらしい。前立腺の働きは精液の一部である前立腺分泌液を分泌することにある。この事は今まで知らなかった!前立腺と射精の関係はこんな所にある。

前立腺癌と射精回数

60歳を越えたシニア男性が射精回数について前立腺がんと関係があるということに気がついているだろうか。疑問である。前立腺癌に不安がある人は、下記の記事を一読してみる価値があると思う。

こんな記事である。

米国の男性医療従事者約3万人の調査から、射精回数が多い男性は、少ない男性に比べて前立腺がんになりにくいことが分かった。(引用先:ヨミドクター

男性にとって前立腺ガンは良く耳にするガンの病気だ。出来るならば、その発症するリスクを下げたい。

射精する回数を増やせば前立腺ガンになる確率が20%も下がるという調査結果は前立腺癌になりやすいシニア男性にとって良い話である。

前立腺ガンで治療を受けている知人がいる。私の義父は、初期の前立腺ガンが見つかって治療を受け、完治した。早期発見が治療と完治を楽にする。年寄りになると今まできにしていなかった病気(前立腺ガン)に注意せざるを得なくなる。

前立腺を正常に保つ事が重要なようだ。そのためには、精液を生成し続けなければならない。定期的な射精は、前立腺の活動を正常に保つ。

精液を生成する前立腺の活動を正常にする事で、前立線がん予防の面で重要な役割を果たしていると言う事が分かる。