60歳代の性欲はバーチャルリアリティで満たされる - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

男性は高齢になっても性欲が続く。多くの男性は、夜の営みが途絶えているのではないか。妻の協力が得られないためだろう。性欲が強い人は、風俗店に行ったりする。最近の風俗店は、高齢者専用というキャッチフレーズで高齢者の需要を満たそうとしている。一般の高齢者は、オナニーで性的欲求を満たしている。インターネットを見れば、その欲求を満たす画像やYouTube動画が直ぐに見つかる。時代は、凄い勢いで高齢者のニーズを満たす仕組みを用意している

バーチャルリアリティが高齢者の性欲を満たす

VR(バーチャルリアリティ)で動画を3Dで見ながらシニア男性や女性の性的な欲求を満たす技術と機器が販売される時代になった。需要は、シニアだけでなく若い人たちにもある。

ただ、

シニアは、現実の社会で性行為の対象になる相手を捜すのが難しい。風俗店通いではお金がかかりすぎる。そんな状況で動画を3Dで楽しめるバーチャルリアリティ機器とコンテンツはシニア男性の欲求を満たすだろう。

十数年後には、性行為処理支援専用のアンドロイドロボットも生まれて来るだろう。もう、刺激的な本雑誌などを買って楽しむ時代ではない。男性専用の映画も新しいVR機器で消えてしまうかもしれない。動画は、YouTubeと同じ仕組みでストリーミング配信される。

インターネットに接続されているVR機器さえ購入すれば、いつでも、どこでも刺激的な3D動画を楽しめる。若者もシニアも視覚から来る刺激で性的な興奮を覚える。VRは性的な視覚を刺激する。2Dの映画から3Dの動画は、よりリアルに感じられる。

自慰行為もVRがあれば、簡単になるだろう。私は男性だから男性の視点でVRを期待するが、シニア女性も若いイケメンの男性の魅力を3D動画で楽しめるようになる。

VR産業は、アダルトビジネスから急成長すると思っている。本能の欲求を満たすサービスは、どの時代でも大きなビジネスになる。性的な刺激を求めて理想の女性と3Dの仮想現実で欲求を満たす。性別年齢を問わずVRはそのニーズを直ぐに満たせる技術だ。

アダルトVRが起爆剤になってVR機器の価格が下がりコンテンツの幅がアダルトだけでなく教育や他のエンターテイメントまで広がる。パソコンもなくなるだろう。情報の受信がコンピュータ機器からスマホに代り、スマホからVR端末に進化していく。2Dの世界から3Dの世界に情報が変わっていく。

60歳代で性欲に悩んでいるシニアは、今後VRサービスの誕生で悩みを解決してくれる時代になる。風俗店で一瞬の時間を高いお金を支払って楽しむよりも好みの3D女性と一緒に仮想現実の世界で性欲を満たす方が良い