シニアはパソコンよりもスマホを学習すべきだ! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

パソコンを一生懸命に学習しているシニアがいるが、時代はパソコンよりもスマートフォンに向かっている。1980年代にワープロがOA化の目玉であったがあっという間にパソコンに食べられてしまった。同じような現象がこれから起きるだろう。一般のユーザーがパソコンで行う作業は、すでにスマートフォンでも簡単にできるようになった。

画面が小さいという問題もスマートフォンをモニターにつなげれば解決する。それが出来るスマートフォンが販売されている。パソコン教室で教えているExcel、Word等のアプリケーションの操作は、企業で働く上で必須になっているが企業で働く機会を失った老人がパソコン教室で学ぶ意味は少ない。

むしろ、

自分の実生活で役に立つスマートフォンの操作を学び熟したほうが価値がある。

スマホを使うシニアが急増し、スマホがパソコン以上の仕事をする!

スマホはパソコン同様に色々な機能が備わっている。シニアが全ての機能を学ぶ必要はない。自分の生活を楽にする用途だけに使われる機能をマスターすれば良いだけだ。

無料で長電話をしたい老人ならば

通話は有料である。昔は、それが当たり前であった。今では、通話が無料で使える選択が生まれている。スマホの中にLINEというアプリをインストールすれば良いだけだ。LINEアプリの操作と使い方を勉強すれば無料電話で長話が友人や家族と出来るようになる。ドコモ、AU、ソフトバンクなどの通信企業は通話料金で稼ぐよりもデータ通信で稼ぐビジネスにシフトしている。

スマホに使い慣れた若者たちは、有料で通話をすることがなくなった。いつでも無料でLINE通話ができるし、チャット機能を使えば、通話以上の利便性がコミュニケーションで生まれるからだ。

メールの送受信をしたい老人ならば

メールの送受信はパソコンだけが出来る時代ではなくなった。ガラ携帯の時代でもメールの送受信ができた。当然、ガラ携帯の発展形のスマホでもメールの送受信ができる。スマホでメールを書くとき、画面で指を使って文字入力をしていく。文字入力アプリが自動で立ち上がり、入力を簡単にしてくれる。ガラ携帯の文字入力よりもやりやすくなっている。

パソコンでは、キーボード入力を覚えないとメールを書けない。スマホは、文字入力アプリの操作だけを学べばすぐにメールが書けるようになる。手のひらに載せるぐらいの小型サイズであるのでいつでも、どこでもメールを書ける。パソコンは、自宅でしか使えない。持ち運びして使うには重すぎ、大き過ぎるからだ。

便利な情報を自動通知してくれるスマホ

メールを受信したときに誰から届いたかを短文通知で直ぐに教えてくれる。いつも使う駅に到着したときに次に来る電車時刻リストを自動通知してくれる。道に迷ったたときに現在の居場所を教えてくれて、目的地までの道先順を音声でナビゲートしてくれる。スケジュールを管理できるカレンダー機能に記入した項目は、事前にリマインダーとして通知してくれるので忘れることがない。

ホームページで特定の情報を探したいときなどは、音声でスマホに聞くことが出来る。スマホは音声から判断して該当する情報が見つかるホームページリストを表示してくれる。好きな音楽を聞きたければ、YouTubeにアクセスして無料でお好みの音楽を聞くことができる。動画を見たければ、それもYouTubeで楽しめる。

ライトの明かりが少ない歩道を照らす懐中電灯がなければ、スマホのライトを使って懐中電灯として道を照らせる。懐中電灯機能がスマホに標準で備わっている。万歩計を飼わなくても万歩計機能がスマホに入っている。入っていなければ、万歩計アプリをインストールすれば良いだけだ。

 パソコンは、より専門的な仕事で使われるのが現代だ。昔のように一般的な用途で使うならば、スマホで十分だ。パソコンは10年以内にこの世から消え失せるだろう。過去のワープロ専用機のように。

シニアは、パソコンを勉強するよりもスマホの使い方を学んだほうが時代にあっている。

この記事「シニアはパソコンよりもスマホを学習すべきだ!」のポイントは、

  • スマホはパソコン同様に色々な機能が備わっている。シニアが全ての機能を学ぶ必要はない。自分の生活を楽にする用途だけに使われる機能をマスターすれば良いだけだ。
  • スマホの中にLINEというアプリをインストールすれば良いだけだ。LINEアプリの操作と使い方を勉強すれば無料電話で長話が友人や家族と出来るようにな