女性介護士が抱える介護老人の迷惑行為 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

最近知ったことで介護現場でセクハラが横行しているという。本能的欲求を抑えられない老人男性が介護ヘルパーの女性に性的な言動、依頼、タッチなどのセクハラ行為をしているケースが増えているという。介護が必要な老人が、なぜ、そんなに元気なのか?一瞬、驚いてしまう。

根本的な介護現場の問題

介護が必要な老人は自分で体を動かす上で不自由な人が多いはずだ。本能的な欲求を抑えられなくなる精神的な背景は一体何なんだろうか。

老人は、老いてくると女性と触れ合う機会が極端に少なくなる。奥さんが他界していればなおさらである。月何回かやってくる女性介護ヘルパーにその欲求のはけ口を見出しているのかもしれない。本能が、老人男性の倫理観を狂わせてしまうのだろう。

家族でない女性に新鮮な感情を持ち、不自由な生活のはけ口を本能に任せてしまうのかもしれない。理性でコントロールできる老人とそうでない老人がいる。こればかりは、その人の人格に依存する。

介護を必要とする老人が増えると同時にセクハラ行為で悩む女性介護ヘルパーも増加する。体力的には、女性介護ヘルパーのほうが強い。体に触ってほしくないのに無理やり触ってくるという行為が問題なのだろう。介護作業をしている最中に女性の体を触り始めると介護の仕事が出来なくなる。

理性がある老人ならば、女性介護ヘルパーの人格を尊重して迷惑行為はやらない。お世話になっている側であるからそれは当たり前である。それをそう思わない老人男性が多いという事か。

女性介護士はどのような事をして迷惑行為を止めるのだろうか?

①「やめて下さい」と毅然と拒否する(つけこませない)
②セクハラが想定される状況をなるべく作らない
③特定の人が被害にあう場合は担当を代える
④複数のヘルパーで対応する
⑤状況をご家族に報告しご家族の協力を得る
⑥再発した場合には、協議のうえ契約を解除する
(引用先:キャリアパーク

老人男性の本能的欲求を満たす仕組みや対策がこれからもっと求められる。女性介護ヘルパーが介護されている老人の欲求のはけ口にならないようにする何らかの仕組みが必要だ。

その欲求を処理を支援するロボットやバーチャルリアリティが実用段階になれば、老人男性の欲求も解消されて行くかもしれない。原則、自分の本能的欲求を自分で処理できる環境や道具が必要になる。この分野に新しいビジネスが生まれるだろう。体の不自由な老人男性のための解消医療サービスだ。 

セックスボランティアという言葉がある。

セックスボランティアとは、身体または知的障害を持っていることが原因で、セックス(性行為)の機会を得ることが極端に少ないか、セックスあるいは自慰を行うことが物理的、肉体的に困難な人々に対し、性行為の介助(介護)を行う人のことである (引用先:ウキペディア

介護、福祉業界でセックスボランティア(有料化)の必要が今後注目されるのではないか。

goyat.biz