高齢者の射精を改善、回復させるには - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳、70歳、80歳代になっても男性の性欲は生まれてくる。違うのは、射精する事が出来なくなる、または、衰えてくることだろう。肉体的な行為は年齢とともに衰えてくるが、精神的な欲求は変わらないのではないかと私は感じている。老人、高齢者のラベルが貼られる年齢になると射精する頻度が減少してくる。

男性にとって射精は健康を維持する上で必要な行為であるということを知らない人が多い。精子は精巣で定期的に製造されている。製造された精子は定期的に体の外に出す。射精しないと体のメカニズム上で健康的でない。

新陳代謝が性欲を強くする鍵!

新陳代謝は、年齢とともに落ちてくる。これを改善するには、定期的な筋肉トレーニングをする必要がある。運動をすると代謝が良くなると言われている。老廃物が汗と一緒に体の外に排出される。新鮮な酸素が血液とともに体中に行き渡る。体を作っている細胞も新しい細胞に生まれ変わる速度が早くなる。

新陳代謝が良くなると精子の製造と精子の質も良くなると言われる。健康な精子は健全なる肉体と精神のもとで生まれるからだ。高齢者ほど新陳代謝を意識した生活をする必要がある。代謝が良くなれば、健康な体になるからだ。

定期的な筋肉トレーニングを行うと成長ホルモンが分泌される。新陳代謝も改善される。私達の体は、絶えず細胞分裂をして生まれ変わっている。新陳代謝である。

健康な体になると自然と性欲も改善される。射精できなかったのに出来る様になる。代謝が良くなると体の質も良くなる。運動をしない生活が続くと筋肉がどんどん衰えて行く。体は細く軽くなる。食も細くなる。射精が出来る体になるには、体に十分なエネルギーを与え、筋肉運動を定期的に行い、代謝を良くしなければダメだ。

何をやるにしても資本は健康的な体だ。精巣で作られた精子を定期的に体外に出す射精が出来れば、生まれ持った生理現象を維持できる。射精が出来なくなる=生命エネルギーが衰えたということではないか。射精が出来る、出来ないを自分の健康バロメーターにすることが出来る。

若者は、本能で毎日オナニーをして射精できるぐらいの生命エネルギーを持っている。これがないと子供が生まれてこない。子供を作るには、年齢と健康な体が影響する。生命エネルギーが強い若い時ほど健康な体を維持できる。シニアでも健康で体を鍛えていれば、生命エネルギーを強くすることが出来る。健康体を維持すると意味合いで。

体を定期的に鍛え始めると半年後にはその効果を体で感じ始める。性的な欲求も強くなる。毎日できなかったオナニーの回数も増えてくる。上手く行けば、射精出来なかったのが出来る様になる。体を若くするには、筋肉トレーニングとタンパク質を多く摂ることだ。

高齢者の性欲は、若さのバロメーターではないか。