高齢者の若さを改善、回復させるには - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳、70歳、80歳代になっても男性としての本能は元気に生きている。違うのは、思うように性的欲求を処理できなくなることだ。肉体的な刺激は年齢とともに衰えてくるが、精神的な欲求は変わらないのではないかと私は感じている。老人、高齢者のラベルが貼られる年齢になると体の機能が駄目になってくる。老化現象ではないか。

何歳になっても精子は作られる。これは本能であるので避けることが出来ない。作られた精子を体の外に出さないと体のメカニズム上で健康的でない。このメカニズムには個人差がある。体を鍛えている老人であるとテストステロンと言う男性ホルモンが分泌されて体を若くする。

新陳代謝を活発にする筋トレが若さを作り出す鍵!

新陳代謝は、年齢とともに落ちてくる。これを改善するには、定期的な筋肉トレーニングをする必要がある。運動をすると代謝が良くなる。老廃物が汗と一緒に体の外に排出される。新鮮な酸素が血液とともに体中に行き渡る。体を作っている細胞も新しい細胞に生まれ変わる速度が早くなる。

新陳代謝が良くなると精子の製造と精子の質も良くなると言われる。健康な精子は健全なる肉体と精神のもとで生まれるからだ。高齢者ほど新陳代謝を意識した生活をする必要がある。代謝が良くなれば、健康な体になるからだ。

定期的な筋肉トレーニングを行うと成長ホルモンが分泌される。新陳代謝も改善される。私達の体は、絶えず細胞分裂をして生まれ変わっている。新陳代謝である。

健康な体になると自然と男性としての本能も改善される。代謝が良くなると体の質も良くなる。運動をしない生活が続くと筋肉がどんどん衰えて男性ホルモンの分泌が減少して行く。体は細く軽くなる。食も細くなる。男性としての若さを保つには、体に十分なエネルギーを与え、筋肉運動を定期的に行い、代謝を良くしなければダメだ。

何をやるにしても資本は健康的な体だ。精巣で作られた精子を定期的に体外に出す行為は本能である。男としての若さがなくなる=生命エネルギーが衰えたということではないか。男性ホルモンの分泌が多い、少ないで男性としての若さが変わる。

若者は、本能で子孫繁栄の意味合いで生涯の伴侶を求め合う。この時に機能するのが、生殖機能だ。これがないと子供が生まれてこない。子供を作るには、年齢と健康な体が必要だ。生命エネルギーの強さは、そのまま体の若さに出てくる。シニアでも健康で体を鍛えていれば、生命エネルギーを強くすることが出来る。健康体を維持する筋トレ運動で若さを回復できる。

体を定期的に鍛え始めると半年後にはその効果を体で感じ始める。新陳代謝も自然と強くなる。体を若くするには、筋肉トレーニングとタンパク質を多く取ることだ。

高齢者の若さは、体の新陳代謝を活発にさせることで回復できる。高齢者は、気が付かないうちに体を活発に動かすことをやめてしまう。仕事をやめて暇な毎日を送ると自宅周辺が行動範囲になる。足で歩くという活動が減少する。

老人の若さを回復させるは、生命エネルギーを作り出す食べ物が重要だ。タンパク質の多い食べ物を意識してたくさん食べないと運動をした時に筋肉が生成されない。筋肉は年齢に関係なく成長する。

私は63歳であるが、筋トレを長年やり続けているおかげで体格は、10年、20年ぐらい若く見える。筋肉貯金が出来ているからだ。病気もしないし、階段を一弾飛びして上がることも習慣になっているほど元気だ。筋肉を鍛えると体全体にエネルギーを感じ始める。自分の体を自由に動かすことが出来る。

老人の体は、筋トレをしないと正反対の方向に向かっていく。体はどんどんだめになり、力が出なくなる。若さを回復したければ、筋トレを!

goyat.biz