白内障の手術を検討するタイミング - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

家内の両親(91歳と85歳)は、3年ほど前に夫婦で白内障の手術を受けた。白内障は、加齢から来る目の病気で年齢によって発症する確率が高まる。50歳代の50%、60歳代の70%、70歳代の90%、80歳代の100%、白内障が発症し、手術が必要になるのは50歳代で10%、60歳代30%、70歳代50%、80歳代70%と言われる。

白内障の病気は、人工水晶レンズに取り替える手術で治る。メガネを掛けていた人が眼鏡からさよならする場合もある。多焦点眼内レンズの登場で白内障の病気は治せるだけでなく視力を良くする時代となった。

白内障の手術をするタイミングがわからない!

62歳の私の目は、白内障になっていないが緑内障になっている。緑内障は現時点で白内障と違って治せない。進行を遅くする点眼液でしか治療が出来ない。いづれ年齢が70歳代になれば白内障を発症し、手術をすることになると思っている。

ただ、

白内障の手術を決断するタイミングが分からない

検索して色々なページを調べてみたら、結局は本人次第という事だ。本人次第という意味は、白内障で視力が低下して生活する上で支障が出始めた時で生活の快適さを求めた時だ。多分、70歳前後で白内障の手術を受けることを考えたほうが良いかもしれない。早ければ、60歳代でも可能だろう。

白内障の手術をするとメガネがいらなくなると聞く。多焦点眼内レンズに取り換える手術をすると遠近の視力がメガネなしでよく見えるようになる。多焦点眼内レンズの2点焦点を袁、中、近の3つの中から2つ選択して多焦点眼内レンズの焦点を決められる。

私は近視で老眼の目を持っている。仕事でノートパソコンを使っている時間が長い。できれば、遠近2焦点の多焦点眼内レンズで手術をしたい。近の距離は、目から30センチと40センチの距離で選択ができるようだ。パソコンの場合は、40センチの距離に焦点をあてた多焦点眼内レンズとなる。

多焦点眼内レンズで手術をする場合、健康保険対象外になるため高額になる。民間の保険に先進医療保険があれば、その保険で治療費を賄える。私は医療保険や生命保険に入っていない。60歳を過ぎた時点でその必要がないと判断したからだ。その理由は、シニアにとって生命保険は不必要。医療保険は、手元に30万円現金があれば医療保険でもらえる入院費と同じになるからだ。

今回の白内障については認識不足であったので来年には、先進医療保険のみの民間保険に入る予定だ。老いて来ると加齢からくる病気が次々と襲ってくるようだ。白内障もその一つだ。幸運にも手術で治す事が出来る。手術の時間も10分程度で日帰りも可能のようだ。時代は変わった。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。