Hidden Figures 映画「ドリーム」を見て力をもらう - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

最近、感動するような体験が少なくなった。歳を取ると子供のときほど新しい経験に巡り合わないためなのだろうか。今日見た映画「ドリーム Hidden Figures」は、NASAで働いていた影の功労者の黒人女性たちにスポットを当てている。人種差別が激しい1960年代で優れた数学者である黒人女性たちがソビエト連邦との宇宙ロケット開発競争で戦っていた。

黒人という差別、女性という差別、色々な困難に立ち向かっていた。NASAの宇宙ロケット開発競争の成功の裏に黒人女性たちの陰の力があったという知られていない事実を映画にしたのだ。

立場の弱い黒人女性がNASAという特別な国家プロジェクトの中で自分たちの能力を最大限に活かそうともがく姿に涙が出た。

ドリームの予告映画(本日より公開されている)

私を含めて困難な道を歩もうとする人は少ない。敢えてリスクを取ろうとしない。彼女らは、社会的にマイナスな立場で普通の人が出来ない難題に挑戦した。そんな人達の姿を見ると何故かエネルギーを貰う。

先が分からない、不透明なことに挑戦しようとするファーストペンギンのように彼女らは自分たちの人生に挑戦していた。無理と思われることに最初に挑戦し、乗り越えた人こそ多くの人たちに讃えられる。それが国家プロジェクトであるとどうしても表に出るのは、権力を持った名前だけの人たちだ。実際の仕事をしていないお偉いさん方だ。成功の裏には必ず裏方の実力者がいる。その実力者は、表には出てこさせられない。

NASAの宇宙ロケット開発の成功の裏には、優れた数学者である黒人女性がいたんだという事実をこのNon-Fiction映画が示している。