老人になって行く自分の世界は不可不思議だ - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

体が老化して行っていることを感じる時がある。週2回スポーツセンターのジムで筋トレをしていても老化は確実に体の中で進んでいる。夜寝る時にベッドに入るのだが、眠りに付けないなあと思っているうちに寝てしまっている。前は直ぐに眠る事が出来たのだが。右の目が白内障になってきた。左の目で見る景色の明るさと右の目で見る明るさで違いがある。右目は曇り空のような見え方をしている。

緑内障の治療で半年に一度眼科に通っている。医者は、右目が年齢に沿った白内障の症状があると言ってくれた。その時は、今のような症状を意識できなかった。そう言われて1年後の今、白内障が進んでいるのが分かる。白内障は、人口水晶レンズに換えれば今よりもはっきりものが見えるようになる。その意味では、白内障は怖くない。

怖いのは、五感の機能低下である。

自分の体が壊れて行く老化を見ながら生きて行く世界・・・人それぞれ世界が違う!

老化で体が壊れて行くのは、人それぞれ程度が違うし、壊れて行く部位や機能も違う。これは生まれてきた時のDNAに刻み込まれている。生まれてきたときに体が生き続ける寿命が決められているという。体の機能が老化とともにちょっとづつ壊れて行く。 

老人は、自分の体が壊れて行くのを味わいながら、受け入れながら余生を楽しむしかない。こんな感じ方が出来るのは、老化現象を感じている私の年代以上の高齢者だけだろう。若い人たちにこんな話をしてもピンとこない。60歳以上のシニアは、自分の体に老化現象が起きているから言葉に現実味を感じている。 

最近顕著な老化現象は、食事時に必ず鼻水が出てくるのだ。ラーメンを食べている時のような鼻水が出てくる。朝昼晩の3食事に必ず鼻水が出てきているのが分かる。これは、今まで体験したことがない体の変化だ。年老いてくると食事時に鼻水が出てくるというのは91歳の儀父から聞いていたので、「ああ、老化現象か。」と理解した。

62歳で(1)近視と老眼の目、(2)緑内障と白内障、(3)鼻水、(4)右耳の難聴(子供の頃のおたふくかぜが原因)、(5)老人性しみ、(6)忍耐力の低下(子供や赤子の鳴き声にビビる)、(7)缶コーヒーが飲めなくなり、ドリップコーヒーブラックを好むようになる、(8)頭の髪の毛が薄くなり、グレーから白に代わり始める、(9)面倒くさい事を避けるようになるなど老化現象らしきものを味わっている。

幸い、体は健康で62歳より若い体力を筋トレで維持できている。大きな病気はこの11年間以上経験したことがない。老化現象は、突然、体の弱い部位から生まれてくる。それは予測できない。人によって程度も部位も違う。不可不思議な世界である

あと何年生きられるかはわからない。分からないが、壊れていく体と一緒に楽しめる事を楽しむしかない。60歳代と20歳代では、同じ活動を味わうことが難しい。当たり前のことだが、体の老化でそれが味わえないのが悔しい。

体は壊れていくが、精神は正常に機能させていきたい。認知症になったら、精神も壊れるが。そうなったら、それを受け入れて生きて行くしかない。それしかオプションがないからだ。そうなる前に体と精神を出来るだけ普通の生活ができるよう維持して行く方法を身に付けるしかない。

この記事「老人になって行く自分の世界は不可不思議だ」のポイントは、

  • 体は老化に従ってちょっとづつ壊れていく
  • シニアは自分の体の老化を感じている
  • 現実を受け入れて老化を楽しく味わう工夫をする事を考える