歩く靴でかかとに魚の目ができた・・・私の治療法 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

2週間前から左のかかと辺りに触れると痛みを感じ始めた。どうも、「魚の目」のようだ。過去に何度か足の裏に「魚の目」が出来た経験がある。足の裏に生まれる「魚の目」は、痛い!歩く度に「魚の目」が刺激されて痛さが伝わってくる。今度は、かかとだ。初めて「魚の目」がかかとに出来た。

これから意識して「魚の目」を自分で治そうと思う。私の方法は、非常に簡単だ。

「魚の目」になる原因と私の治療方法

「魚の目」とは何か。

「魚の目」とは、足裏や足指の皮膚の角質が、部分的に分厚くなってできる皮膚の病変のこと。(引用先:ふじた医院

「魚の目」が出来る原因は

  1. サイズの合わない靴

  2. ハイヒールや先の細い靴

  3. 開張足

  4. 歩き方のくせ

  5. 足の冷え

  6. 糖尿病

私の場合は、どうも、1番目か、4番目が原因であるようだ。特に4番目の「歩き方の癖」が原因である可能性が強い最近、意識してかかとから着地する歩き方を練習していた。この練習をしてから「魚の目」が出来た。結果として、そう感じている。

健康予防ブームでシニアの多くが歩き始めている。朝の通勤時にスポーツトレーナースタイルの高齢者が一生懸命歩いているのを見かける。自分の足に合った運動靴であれば、「魚の目」が出来る事は無いだろう。いい加減な靴で歩く歩く運動を始めると足のどこかに問題を生む。

さて、私の「魚の目」治療方法だが・・・

いつも通勤で履いている革靴を履きなれた運動靴か、別の革靴に替えて歩く事にした。同時にしばらくの間かかとで着地する歩き方をやめる事にした。かかとに出来た「魚の目」の部位を刺激しない靴、または、歩き方をすれば、後は自然治癒を待つだけ。皮膚は絶えず生まれ変わっているから、「魚の目」の角質部分も新しい皮膚が古い皮膚を捨てて行く。その過程で「魚の目」も捨てられる。

私の場合は、まだ、「魚の目」になって2週間であるため患部を刺激しないようにするだけで自然治癒できると思っている。過去の経験から足の裏の「魚の目」もそれで治ったからだ。「魚の目」が深刻で歩く時に不都合を感じるならば、一番安全で手っ取り速いやり方は皮膚科クリニックに行くことだ。自分でやっても時間がかかるだけ。

ちょっとした環境の変化で体に異常が起きるのは高齢者に多い。老化で体が全般的に弱くなってきているからなのだろう。ウオーキングをする時は、値段が高くても良いスポーツシューズを買いましょう。

ーーーー加筆 2018年1月25日:

1週間後に「魚の目」の痛みが無くなってきた。かかとの魚の目を刺激しない靴に履き替えてかかとで着地する歩き方を控えたからだ。やはり、「魚の目」は原因が分かれば、原因を解決すれば、自然治癒力で治る。皮膚は、日々、古い角質が新しくなるので「魚の目」の部分も古くなり捨てられていく

「魚の目」を刺激しない靴と歩き方は効果があった。

この記事「歩く靴でかかとに魚の目ができる・・・治療法を探したら」のポイントは、

  • かかとで着地する歩き方に替えたら、かかとに「魚の目」が出来た」
  • 「魚の目」とは、足裏や足指の皮膚の角質が、部分的に分厚くなってできる皮膚の病変のこと
  • 「魚の目」の原因を探してその原因を取り除いた生活をしばらくすれば自然治癒する。辛い痛さがある場合は皮膚科に行くことだ。