老後の生活の楽しみ方:妻と一緒に外出しカフェタイムを持つ - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

老後の生活で過去のつけが出る時がある。妻との関係が悪いシニアは、一緒に何かをするという時間が少なくなることだ。何処かに旅行に行こうと誘っても自分ひとりで行けば!となる。定年退職離婚のシニアは、こんな所に危ないサインが隠されている。現役時代にあまりにも亭主関白で好き放題やってきたシニアだ。

亭主関白は一見日本的だが、老後で跳ね返りが大きくなるのが現代だ。妻の反撃が定年退職後に始まる。女性は男性以上に長生きをして健康寿命が長い。自分の体が不自由になると妻に頼らざるを得なくなる。妻を蔑ろに取り扱ってきた亭主は、この時に後悔することになる。

老後の生活は、夫婦二人で一緒ん楽しむ時間を増やすことがコツだ!

夫婦仲を維持する努力が老後の生活を楽しくする!

昨日、2018年2月24日(土曜日)、家内と一緒に横浜元町チャーミングセールを見に出かけた。元町チャーミングセールは、年2回開催される。いつも元町通が歩行者天国になり人であふれる。若い人たちだけでなく私達夫婦のようなシニア夫婦も目立っていた。私は、いつも、Gentenというお店に入る。革製品の財布が気に入っているからだ。昨年は、小銭入れを買った。今年は、傷んできた財布を買い換えるつもりで来た。

wallet

1万4000円前後の財布を買った。家内がこの財布を見つけてくれた。私が求めていた財布を一緒に探してくれた。大勢のお客さんがワゴンセールの中にある財布を手探りで探していた。鼻が利く家内である。私が探したときには見つからなかった財布だ。

人で込み合った元町通をひと通り見て回り、カフェを探した。元町通はどこもカフェは込んでいるので5分ほど歩いていけるちょっとしたカフェに向かった。そのカフェでケーキセットを頼み、家内と今回買った革の財布を見ながら雑談をした。家内も買いたい洋服があったが、迷っていた。迷いに迷って結局買わなかった。

こんな外出を月に何回も一緒にしている。

自宅では話すことがない事も外出先で歩きながら話題に上がることがある。自宅とは違う外の環境がいつもと違う話題を夫婦に投げかけてくれる。夫婦間の会話が多ければ多いほど、お互いの心情を理解できるようになる。会話がない老夫婦は不幸せだ。

老後の生活は、夫婦二人で過ごす時間が自然と多くなる。二人で一緒にいる時間を楽しむ習慣を今から身につけることが大切だ。二人とも健康で元気に外出できるうちに行けない場所に二人で行ってみる。カフェに入って無駄話をする。これだけで良い。

妻をデートに誘う夫婦仲が一番良い。

この記事「老後の生活の楽しみ方:妻と一緒に外出しカフェタイムを持つ」のポイントは、

  • 老後の生活で過去のつけが出る時がある。
  • 妻との関係が悪いシニアは、一緒に何かをするという時間が少なくなることだ。何処かに旅行に行こうと誘っても自分ひとりで行けば!となる
  • 老後の生活は、夫婦二人で一緒ん楽しむ時間を増やすことがコツだ!

goyat.biz