ジムにやってくる老人:筋トレに集中しないで知り合いとおしゃべり - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

平日の午前中は、いつも見かける老人たちが筋トレをしている。お互いを良く知っているようだ。彼らは筋トレする曜日と時間を決めている。私もそうだ。私のスケジュールは、平日の水曜日午前10から12時30分までが多い。週末は、土曜日の午後13時から15時頃までだ。彼らの年齢は、私よりも年寄りだ。70歳から80歳近い。

老人といえども体格は、筋トレの成果でがっしりしている。そんな彼らを自然と観察してしまう私だ

筋トレよりもおしゃべり!?

今日、水曜日の午前中は、ジムを使う人達が少なかった。若い大学生たちが2,3人。若い女性が珍しく一人いた。後は、70歳を越えている男女の高齢者たちだ。その中に筋トレ常連の老人たちが4人ぐらいいる。最初は一人で筋トレをしている常連シニアが顔見知りの常連がやってくるとすぐに近づいておしゃべりを始める。

話している内容は、筋トレの話題なのだが話だけが先行して実際の筋トレを二人で始めない。筋トレの機械の前で長話が続く。ジムが混んでいないのでそれも許されるのだが・・・。

しばらくして、ようやく常連の4人が集合するとおしゃべりをしながら筋トレを交代しながら始める。筋トレはずっとやれない。休みながらやるしか無い。例えば、ベンチプレスなどは、複数人で交代しながら行うのが一番やりやすい。疲れた体を休ませながら自分の番を待つからだ。

私の場合は、いつも一匹狼だ。お喋りをする人もいないので自分が組み立てた筋トレのプログラムを休みながら実行している。こんなプログラムをやっている。

  1. Jack Jump 100回(体を温めながら脈拍を上げ、体を運動に慣れさせる)
  2. 両足で立ちながら足を曲げないで床に手のひらをつける 60秒間(足の筋のストレッチ)
  3. Burpees(バーピーズ)運動 10回x5セット(1セット毎に息が切れるほどキツイ運動)burpees
  4. ベンチプレス 63kg 7回x3セット、73kg 7回x3セット、83kg 7回x3セット+4回+4回
  5. Leg Extension, Curl, Press, Hip Abduction&Aduction 10回x3セット
  6. ジョギング 20分間
  7. Cool Down(整理体操とストレッチ)

これらをやり終えるまで2時間30分ほどかかる。2時間30分の中には当然休み時間も含まれる。私はひとり黙々と自分の運動メニューをこなしていくのだが、常連の老人たちは、私ほど真面目に筋トレをやっているとはいえない。1時間やっていれば30分はおしゃべりで終わっている。筋トレをやり始めればそれなりの運動になっている。

70歳代後半の筋トレ常連おじいさんたちのニーズは、筋トレを介した常連仲間とのおしゃべりではないかと思う。

70歳代のお嬢さんたちも4人集まれば、立ち話が始まる。こんな光景が平日のジムで時々見かけるのだ。夫婦でやってくる75歳代の老人は、無駄話もなく真面目に夫婦で機械を使った筋トレをやっている。

スポーツセンターのジムの中で色々な老人観察ができる。ジムのサポートスタッフが若い女性であるとおじいさんたちがやたらと話しかけている。私は、本当の用事がない限り話しかけないのだが、おじいさんたちは若い女性スタッフと会話をしたくて話しかけるこれが男性スタッフであると起きない現象になる。

確かに、一人美人のスタッフがいる、いないだけでおじいちゃんたちの顔がニヤニヤしてくるのだ。面白い光景を何度も見かける。

この記事「ジムにやってくる老人:筋トレに集中しないで知り合いとおしゃべり」のポイントは、

  • 70歳代後半の筋トレ常連おじいさんたちのニーズは、筋トレを介した常連仲間とのおしゃべりではないかと思う。
  • スポーツセンターのジムの中で色々な老人観察ができる。
  • おじいさんたちは若い女性スタッフと会話をしたくて話しかけるこれが男性スタッフであると起きない現象になる。

goyat.biz