老人向け健康食品の宣伝(TVや新聞)を信じる人が多い? - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

最近、朝日新聞の朝刊を読むたびに目に入ってくる全面広告がある。ロコモア(サントリーの健康食品製品)や味の素のアミノエールの宣伝だ。若い人たちは、インターネットで情報を入手するため新聞を読まないが、シニア層は新聞で情報を取得している。その意味では、影響力がシニアに及びやすい。

ロコモアもアミノエールも体力低下(筋力の衰え)を飲めば直ぐにでも改善できるかのような印象を宣伝している。現実は、違う。

ロコモアもアミノエールも健康食品であり、病状を治す薬ではない。あくまでも食事で十分とれない栄養を補足する役割しかない。体力や筋力の衰えは、老化や生活習慣から起きている。特に足腰の筋力低下は、運動不足から来ている

定期的な運動をせずにロコモアやアミノエールなど健康食品だけで筋力を改善できると思い込んでいるシニアが多い。

楽して体力や筋力を改善できると思うべきではない!

ロコモアやアミノエールなどの健康食品は、筋肉を作り出す材料でしかない。筋肉を形成する時にこのような材料が沢山あると筋肉を作りやすくなるのだが、運動をして傷ついた筋肉を修復するプロセスがなければその材料は使われない。

つまり、

筋肉痛を味わうくらいの定期的な運動をしなければ、ロコモアやアミノエールなど健康食品はあまり役に立たないという事だ。

シニアの消費者は、宣伝コピーをそのまま信じてしまう(自分の都合の良い解釈)。あたかもロコモアやアミノエールなど健康食品を飲めばマジックのように(薬のように)病状が改善すると勝手に思ってしまう。

前提条件である定期的な運動が必要な事ロコモアやアミノエールなど健康食品は強調していない。典型的な宣伝マジックだ。

足の筋肉だけでなく体全体の筋肉は、体に負荷を与え続ける事で成長する。年齢に関係なく成長する。63歳の私がフリーバーベルのベンチプレスで91キロを上げられる理由がここにある。私は、ロコモアやアミノエールなど健康食品を一切飲んでいない。定期的な運動とタンパク質が多い食事をしているだけだ。

足腰の体力改善は、お金をかけなくても出来る。本当に足腰の衰えで悩んでいるシニアならば、体を定期的に鍛える運動を地道に続けるだけで悩みは解消される。騙されたと思って、下記の運動を半年間やってみてほしい。半年前の体力と比較できるほどの違いが体に起きているはずだ。

「歩くのが辛いシニア」は、毎日近くの公園にある(階段がある場所であればどこでも良い)階段を5分間ゆっくりと上り下りする。毎日、階段の上り下りをする運動を習慣化することで足腰の筋肉を鍛えられる。

最初は、きつい。息が切れやすい。疲れる。何をやるにしても最初は辛いのは定番だ。これを乗り越えないと足腰の衰えを改善できない。楽をする生活は足腰をだめにする。ロコモアやアミノエールなど健康食品だけ飲んでいれば足腰の筋肉が成長するなんてありえない。

甘いお誘いは騙しのテクニックである。「良薬は口に苦し」ということわざを思い出してほしい。甘い薬は糖尿病になると同じだ。楽して足腰の筋肉を改善できると思わない!世の中は簡単ではない。

階段の上り下り、5分間を毎日、6ヶ月間実行してほしい。違いが確実に体感できる!

この記事「老人向け健康食品の宣伝(TVや新聞)を信じる人が多い?」のポイントは、

  • 朝日新聞の朝刊を読むたびに目に入ってくる全面広告がある。ロコモア(サントリーの健康食品製品)や味の素のアミノエールの宣伝
  • ロコモアもアミノエールも健康食品であり、病状を治す薬ではない
  • 前提条件である定期的な運動が必要な事ロコモアやアミノエールなど健康食品は強調していない。

goyat.biz