バランス感覚が悪くなるシニアが簡単に改善できる方法 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳を過ぎた頃にこんな感覚を感じたことがないだろうか。体のバランス感覚が悪くなったという感覚だ。ちょっと体が傾いた時にヨロヨロとして倒れそうになる感覚だ。今までになかったことが体に起きている。そんな感覚だ。スポーツセンターのジムでも60歳から70歳代のシニアがバランス感覚を改善する運動をしていた。

老化は、体のバランス感覚まで崩してしまうのが分かる。今まで体のバランス感覚をあまり意識して運動をしてこなった。最近、落ちてきたバランス感覚を改善する方法を実践している。簡単に継続してできる方法だ。体のバランス感覚がおかしくなったと感じるシニアは一度試してほしい!

朝起きて洗面所で歯を磨く時に悪くなった体のバランス感覚を改善する!

私は毎朝歯を磨く時に・・・片足を10センチぐらい上げて歯を磨く。上の歯を磨く時は、左足を10センチ上げて磨く。下の歯を磨く時は右足を10センチ上げて磨く。歯を磨く間、この動作を繰り返す。簡単な動作なのだが、やってみるとバランスが崩れてしまう。この動作を毎日やっていると徐々に体のバランス感覚が磨かれて行く。

毎朝歯を磨く習慣があるシニアならば、直ぐにできる改善方法である。最初は、片足で立っている時間が短いかもしれない。バランスが崩れたら、別の足を上げて歯を磨きながらバランスを取る。また、バランスが崩れてフロアーに足がついたら、また、別の足を上げて同じ動作をする。この繰り返しだ。

歯を磨き終えたら、体のバランス感覚改善トレーニングも終える。

ポイントは、歯を磨いている時はどちらかの足を上げて体のバランスを維持する努力をしているということだ。毎日歯を磨く時にこの動作を続けると気が付かないうちに体のバランス感覚が改善されて行く。

1週間ぐらいは、片足で体のバランスをうまく取れないかもしれない。歯磨きで歯を磨く場所を移動したらバランスが崩れてしまう。それは私も経験しているが、やっているうちにバランスを維持できるようになる。

私たちは、日常生活で片足で立っていることが殆どない。何時も両足だ。歳を取ると同時に体の筋肉も低下して体をバランス良く保つ力が保持できなくなる。バランス感覚は、慣れであるのでトレーニングすれば改善する。毎日、続けることで体が片足立ちのバランス感覚を覚え始める。

簡単な動作なので毎朝歯を磨く時にやるだけで良い。ただ、続けることだ。

この記事「バランス感覚が悪くなるシニアが簡単に改善できる方法」のポイントは、

  • 60歳を過ぎた頃にこんな感覚を感じたことがないだろうか。体のバランス感覚が悪くなったという感覚だ。
  • 私は毎朝歯を磨く時に・・・片足を10センチぐらい上げて歯を磨く。上の歯を磨く時は、左足を10センチ上げて磨く。下の歯を磨く時は右足を10センチ上げて磨く。歯を磨くあいだ、この動作を繰り返す。
  • 簡単な動作なので毎朝歯を磨く時にやるだけで良い。ただ、続けることだ。

 

goyat.biz