ブログを書いてお金儲けしたいシニアは何を注意すべきか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

日記を書き続けている人は、ブログが書ける。書く事が習慣になっているからだ。ブログをやり始める人は、ブログで広告収益や集客をしたいという人が多い。これが大きな障壁になる。

ブログを書いてお金儲けしたいシニアは書き続けられるテーマが必要だ

このサイトの記事は、60歳のシニアが感じた事を素直に書いているだけである。ブログが書けないという人から、「何故、毎日ブログを書けるのかコツを教えてほしい!」と良く尋ねられる。

私の場合は、過去にメルマガを継続して発行していた経験がある。それをウエブに代えただけだとも言える。書くという事に違和感が無い。心に感じた事を言葉に代えて書き綴るだけであるからだ。

ブログを書き始める人は、最初から毎日書く必要は無い。書き慣れる事を目標とする。書く事を習慣化させる。1週間に1度でも良いからそれを習慣化させる。習慣化できれば、書く回数を徐々に増やしていけば良い。それだけでブログは継続して書ける。

ブログは自分の心を文字にして表現する道具でしか無い。これに集客とか広告収益とかを最初から考えると書く事が頭に浮かんでこなくなる。頭で考えて書くというブログ作業になるからだ。頭で書くのでは無く心で感じた事を書くのである。

ブログは自分のテーマを決めて書き始めると読む人を集めやすくなる。テーマは、自分の体験や意見が言いやすい物が良い。多くのブログライターは、まず、自分の体験や人生について書き始める。その方が書きやすいからだ。自分が一番関心を持っているテーマ。それを見つけて書く事を習慣づける。

ブログで収益を求める人は、自分が書くコンテンツに興味を持つ人をどれだけ集める事が出来るかだ。集客緑は、すぐには生まれない。一般的にサイトのページ数は、最低でも200ページ以上だという。従って、地道に情報発信が出来る人だけが生き残る。

多くの人が安易にブログで稼ぎたいと思いやり始める。99%以上の人は、途中で書く事を止める。書く内容がなくなる。興味を失う。 最終的に稼げるサイトに育てられるのは、ブログを書き続けられる人だ。継続こそ力なり!これにつきる。

ブログは安易に始められるが、安易に止められる。安易なお金儲けは上手くいかない理由がここにある。オンラインショップサイトにお客を集めたいと思いブログを書き始める人が多いが、書く内容がオンラインショップと無関係なコンテンツであると集めたいお客層を引き寄せられない。

ブログをビジネスに結びつけるには、試行錯誤が必要だ。時間がかかる。その時間を投資できるかどうかだ。急いでいる人は、ブログを始めても続かない。辛抱強く、やり遂げられる人にブログは味方する。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。