高齢者の孤立と孤独はいつも顔を見る知人が居れば助かるのでは? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

横浜駅から海に向かって徒歩15分の場所に臨海パークがある。今日のランチは、OKストアで野菜天丼とソース焼きそばを買って臨海パークの公園内にあるベンチで海を眺めながら食べた。天気が良く気温が上がっていたので近くに住んでいる若い家族(母親と子供連れ)たちがピクニックに来ていた。

公園のベンチには、ホームレスらしき老人が荷物と一緒に寝ていた。彼を見ていると孤独と孤立が見えた。社会の中で目撃できる孤独と孤立ならば、問題を意識できる。これが、一人住まいのアパートに住んでいる高齢者であるならば、誰も気がつかない!孤立と孤独は隣り合わせだ。

孤立と孤独を自分の問題として考えたら・・・・

私の生活は、ほとんど一日中ノートパソコンの画面を見ながらインターネットの世界で仕事をしている。周りに同僚も友達も知人もいない。いるのは、スターバックスの店員とお客たちだ。店員とは、コーヒーを買う時に一言、二言無駄話をするぐらいだ。それ以外は、人間との会話がない。

仕事に夢中になると孤独の世界に自分が入っていても気にならないし、意識しない。孤独は、仕事を離れた時に訪れるのだが、自宅にはいつも笑わせてくれる福の神である奥さんがいる。福の神は、日本人のように見えて西洋人のような性格を持っている女性だ。ユーモアとウイットがある。感受性が高く、性格が普通でない。隣にいれば、直ぐに笑いが飛び出す。

福の神である家内は、いつも、地域の友達グループに囲まれ、色々なお誘いでスケジュールが一杯だ。そんな福の神を妻に持つ私は、その恩恵を受けている。自宅以外の場所では、孤独な世界で生活をしているが自宅に帰ればいつも顔を合わせて笑える生活がある。笑いがある生活には、孤独も孤立も生まれない。

福の神の家内がいなくなったら、私の生活に孤立と孤独の両人が住み始める。私が出来る事は、新しい福の神を探して一緒に生活をするか、定期的に時間を過ごす仕組みを作るしかない。

つまり、こうだ。

孤立と孤独が自分の生活内に住み始めたら、新しい友達や知人を作るしかない。新しい友達と知人の性格は、一緒にいると楽しくなる性格の人たちだ。明るい人達だ。孤独な人は孤独な人を引きつけるので気をつける。明るい性格の人は、どこで見つけるのか?

見つけ方は人によって違う。私ならば、Shop aroundする。色々な団体に顔を出して自分の肌似合いそうな団体でしばらく活動をしてみることだ。歩くことが好きならば、歩く団体に定期的に参加する。地区のスポーツセンターで体を鍛えたいならば、健康体操教室に参加する。

明るい性格な人は、自然と光って見える。そんな人の近くに行って挨拶から始める。会う度に一言、二言の短い会話をする。それを定期的に行うことで顔見知りになる。積極的にアクションを起こせる高齢者は、必ず、救われる。

経済的に問題なくただ孤立して孤独を味わっている高齢者ならば、介護施設で老人たちの話し相手になるボランティア活動をしてみる。介護施設にいる老人の中には、明るい性格な人が一人や二人ぐらい必ずいる。自分よりも恵まれていない老人がいるという現実を認識して何が出来るかを考え、行動を起こす。

行動を起こすことが出来れば、孤立と孤独は自分の生活から離れていく。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。