主婦と旦那の老後の生活に違いがあるのか? - お金、筋トレ、健康、仕事

旦那と違って主婦たちは、昼間の時間を仲間と近くのスポーツセンターでテニスレッスンを受けている。旦那方が仕事で飛び回っている時に地域に根ざした奥方交流が花を咲かせている。この交流は、旦那方が定年退職をしても変らない。生活パターンは、旦那がどうなろうとも変らない。今までの生活が維持できればそれでOKなのだ。

主婦と旦那には相容れない生活の違いがある

地域に根ざした主婦たちのネットワークは、一緒に暇な昼の時間を過ごすことから始まる。スポーツセンターに行くとダンス、ヨガ、ピラティス、卓球、ジャズダンス、腰痛体操、バレーボール、そして、テニスで良い汗を仲間と一緒にかいている女性たちが大勢いる。

一方で旦那族は、定年退職後にスポーツセンターで筋トレなどを始めている。筋トレは、仲間でやるスポーツではないので交流という点で今ひとつだ。

テニスレッスン後の一時は、近くにあるカフェで仲間と井戸端会議が始まる。ちょうど、今、私の隣に座っている50歳代から60歳代の奥様たちがグループで口の体操をやり始めた。 グループであると周りを気にしないで大声で話し出す。口のトレーニングでは、大きな口で大声を出さないといけないらしい。まさに今そのトレーニングが始まっている。隣で記事を書いている私にとってちょっと耐えがたい。

救いは、この井戸端会議が日中夜行われないと言うことだ。長くて3時間ぐらいだろう。

老後の奥さん方は、今まで行動を共にしていた仲間がいる。同じ嗜好でテニスレッスンを受けているので旦那ほど疎外感はない。テニスで体を鍛えて、カフェで口を鍛え、情報交換をする。このような生活は、定年退職後の旦那も見習うべきだろう。同じ事が出来れば、老後の楽しさが増える。

奥さん方の仲間に旦那は入れない。女性と男性の違いがある。やはり、男性は、男性の趣味のクラブに身を投じるしかないだろう・・・と思っている旦那族は幸せだ。年金で不足している生活費を稼ぐことに一生懸命になっている旦那たちは、こんな余裕は無い。

主婦たちの井戸端会議の議題に お金を稼ぐというテーマはない。それは、旦那の仕事と言うことだろう。本来は、奥方と一緒に将来の老後設計をしなければいけない状態にあるのではと感じながら口のトレーニングを聞いている。男たちは、昼間ではなく夜居酒屋で口のトレーニングを叫びながらやっているに違いない。

夫は長年会社での生活が長かった。妻は、住んでいる地域での活動が長い。お互いに長年活動している場所が違う。夫の定年退職で夫が妻の生活圏に入ってくる。長年相容れない生活の場を経験していると同じ場での生活が難しくなる。

主婦と旦那の老後の生活で違いがどうしても生まれる。浮草のような状態になった旦那と地域に根付いた主婦では、お互いの違いが負担になる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。