シニアが一人で稼ぐためのツールを使って自由と生活費を得る - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

fun

65歳を越えた男性が仕事を探そうとする。大企業の役職経験者で人脈が有る方は、顧問サービスを提供しているところで登録をすると営業支援の顧問の仕事にありつける。問題は、大勢のシニアは顧問という仕事にありつけない場合が多い。特別な専門分野があり需要があれば、大丈夫なのだが誰もがそうではない。

シニアがお金を稼ぐツールがある!

シニアは、死ぬまでの時間がある。長い人生経験がある。これにインターネットとつなげるツール、パソコン、タブレット、スマートフォンなどの情報端末を上手く使うと一人でお金を稼ぐ事が出来るようになる。

まず、初めに断っておきたい。

誰もが稼げるという保証はない。直ぐには稼げない。地道な努力を要求されるが、ヒットすると何もしなくても小銭が落ちてくる。

65歳以上のシニアでインターネットとパソコンを使える人がどれほどいるかは分からない。エンジニア経験があるシニアならば、問題が無いだろう。パソコンが苦手で使った事が無い人は、まず、キーボードの打ち方から学ぶ必要がある。その次にインターネットについて学ぶ事になる。基本的なIT知識を学ばないとインターネットでは稼げない。

私は多くのシニアにいつもブログで情報発信をしなさいと説いている。 自分のブログが多くの人に共感と関心を得られれば、人をインターネットで集められる(集客力)という魅力を作り上げられる。人が集まる場所では新しい市場が生まれる。市場が生まれるとそこで魚釣りが出来る。釣り竿と餌を用意すれば魚は直ぐに釣れる。

無料のブログサービスは使わない。 ブログが出来るレンタルサーバーを借りて始める事が必須になる。その理由は、無料ブログサービスはあなたのコンテンツを使ってビジネスをする仕組みで成り立っている。そのため、自分のビジネスを展開できないという利用規約がある。その制限がなくても見えない点で不自由な状況になる。

シニアが一人で稼ぐためのツールは、ブログである。

自分の思いや知識、人生について書くという事に抵抗がなければ、ブログで自己表現が出来る。書いたブログの内容が多くの人に共感を与えると多くの人が読みに来る。ブログを書き続けるとブログサイトへのアクセスが増加してくる。ブログで人集めが出来る状態が生まれる。

仮に300ページのブログサイトに成長したとする。ブログの内容は、自分が関心を持っているテーマである。同じようなテーマに関心を持った人たちが情報を求めてやって来る。この状態が安定すれば、このブログサイトでGoogle Adsenseクリック広告サービスを利用できるようになる。

シニアの味方は、テーマに沿ったブログ記事を継続的に書く時間がある事である。テーマが過去の経験や知識から成り立っていれば、あっという間に300ページぐらいのブログサイトは出来てしまう。アクセス数は、ページ数の増加に比例して増える傾向があるので継続的に情報を発信していく単純な仕事になる。

このGoogle Adsense広告は、一度、ブログサイトが集客サイトに成長し始めるとあまり世話をしないでも勝手に広告収益を稼いでくれる事だ。一人で複数のブログサイトを作って広告収益が得られるようになれば、65歳を越えた男性でも一人で年金を補填する金額ぐらい自動的に手にする事が出来るようになる。

そんな状態になるまで試行錯誤と勉強が続く。それが出来るか、出来ないかでブログツールが生きるか、生きないかとなる。

さらに良い事は、インターネットにつながった環境でモバイルパソコンかタブレットがあれば、何時でも、何処でもブログ記事を書く事が出来る事だ。時間と場所を制約されないというメリットは、自由を求めるシニアにとって有り難い事である。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト