年金プラス月額10万円以上の仕事を見つければ - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

happy hour

すき家でビビンバ定食を食べてきた。お店の入り口にスタッフ募集の張り紙があった。時給1100円以上。居酒屋とファストフード店は人手不足のようだ。シニアの仕事がここにあるのではないか。モスバーガーでは、60歳以上のシニアを雇っている。店頭でも見かけた。

1日5時間x1100円、週5日間で月額11万円の稼ぎアルバイト

国民年金が普通の人で月額6万円ぐらいだ。これに月額11万円のアルバイトを加えれば、17万円の生活費が確保できる。17万円有れば、シニアが生活していける金額ではないか。

ランチを食べながらすき家で働いている女性スタッフを眺めていた。中年女性が頑張って働いていた。この現場で60歳を越えたシニアがスタッフとして接客対応をするならば、キビキビした動きで働ける体力と柔軟性が求められるだろう。70歳を越えたシニアが果たして働けるだろうか。少し、心配になった。

・・・と言う前に70歳を越えたシニアを雇用してくれないのではないか。余程の人手不足でなければ。今の日本は、特定業界で人手不足が発生している。介護業界は、慢性的に人手不足だ。政府は、家庭にいる女性、働きたいと思っているシニア、外国人労働者に注目している。

日本語能力がそれほど求められなくて体力だけが重要視されるならば、外国人労働者でも良いだろう。介護や飲食業界は、接客業のような仕事だから、最低でも日本語は前提条件になる。その上で仕事への関心と体力と機敏性が求められる。働きたいと言っているシニアが生活費の足しに働くとしても体力面でどうなんだろうか。

雇用機会はあるが、シニア向けではないとハローワークで言われるかもしれない。

シニアでも出来る仕事には、何があるだろうか。私の知人は、営業支援やコンサルティングをしている。それを提供するだけの経験と知識があるからだ。この分野は、特定の人しか出来ないだろう。多くのシニアは、誰でも良いので人手がほしいという仕事になってしまうのではないか。

1時間1500円の仕事として、シニアの家庭をシニアが生活支援する仕事「お庭の草むしり」がある。一戸建てでお庭があるシニア家庭では、草むしりが出来ないで困っている。専門業者に依頼するほどお金がないので1時間1500円ぐらいでと言うアルバイトの仕事になってしまう。

でも、この需要が凄く多い。

世田谷区の京王線周辺の一軒家の草むしりは、お願いしているNPO団体が1ヶ月以上も予約で埋まっているようだ。草むしりぐらいならば、誰でも出来る仕事だ。シニア向けかもしれない。シニアの生活支援分野でシニアが活躍できる仕事が確実に生まれてきている。

自分たちの生活範囲で生活支援をしてほしいシニアの方がきっといると思う。それをビジネスチャンスと考えてビジネス企画を立ててみてはどうだろうか。